明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

2016 年、第5 期科学技術基本計画が閣議決定され、日本は、超スマート社会(Society 5.0)の実現を推進することになりました。この中には、人々の多様なニーズに対応して、きめの細かいサービスを行うことが掲げられています。それを実現する研究が、本学でも産学連携によって進められています。

化粧品メーカーとの協働で生まれた「美顔化システム」

荒川 薫 近年、3Dプリンターの普及などにより、従来では個人では作ることが難しかったものでも、容易に作ることが可能になってきました。一人ひとりのニーズに対応するもの作りができるわけで、こうした技術は、政府の第5期科学技術基本計画でも推進することが決まっています。この技術がさらに進展していくと、従来のようにメーカーが大量生産した製品を買うのではなく、一人ひとりが自分でデザインして作ったオリジナルのものを持つことができる時代になっていくでしょう。しかし、ここで問題となるのは、一般の人が、自分の好みをどのようにしてデザインするか、ということです。メーカーには、製品をデザインするプロのデザイナーや設計者がいます。そうしたプロの作業を、一般の人が行うことは大変難しいでしょう。しかし、ゼロからデザインできない人でも、サンプルを見れば、それが自分の好みや感性に合っているのかどうかは判断できます。この判断を重ねていくことで、自分の好みに合ったデザインを実現するのが、「対話型進化計算」という手法です。この手法を応用したシステムの開発を、私は産学共同研究で行っています。

 そのひとつが、化粧品メーカーとの協働です。化粧品は、人それぞれの肌質や肌の色、顔立ちごとに最適なものがあり、また、人の好みが強く影響するため、その人に最も適している製品を求めるのは簡単ではありません。そこで、人それぞれの理想顔を求め、それを実現するための化粧品を提案するために、まず、その理想顔を求める(デザインする)システムとして開発したのが、「美顔化システム」です。

IT・科学の関連記事

人工知能を作ることから始まる現代のものづくり

2020.8.26

人工知能を作ることから始まる現代のものづくり

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 金子 弘昌
便利なロボットは人の不便から生まれる

2020.8.19

便利なロボットは人の不便から生まれる

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 加藤 恵輔 
人の生活を助けるロボットの普及を妨げているのは、「人」である

2020.7.15

人の生活を助けるロボットの普及を妨げているのは、「人」である

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 小松 孝徳
インテリジェンス研究:安全と権利自由の「両立」をいかにして実現するか

2020.6.17

インテリジェンス研究:安全と権利自由の「両立」をいかにして実現するか

  • 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 特任教授
  • 小林 良樹

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

特別授業

新着記事

2020.10.21

低価格志向と食の安全・安心

2020.10.14

既存設備の上手なシェアリングから新たなシステムが生まれる

2020.10.07

数字が動く図やグラフになると、数学の世界が広がり始める

2020.09.30

メディア・リテラシーの有無が生死を分けることもある

2020.09.23

コロナ渦を都市政策の歴史的な転換点に

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2020.10.16

#1 スポーツ観戦を楽しくする付加情報って?

3

2020.10.21

低価格志向と食の安全・安心

4

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

5

2020.10.14

既存設備の上手なシェアリングから新たなシステムが生まれる

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム