明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

あなたの理想顔のイメージを簡単に画像化できる

荒川 薫 荒川 薫 明治大学 総合数理学部 教授

2016 年、第5 期科学技術基本計画が閣議決定され、日本は、超スマート社会(Society 5.0)の実現を推進することになりました。この中には、人々の多様なニーズに対応して、きめの細かいサービスを行うことが掲げられています。それを実現する研究が、本学でも産学連携によって進められています。

化粧品メーカーとの協働で生まれた「美顔化システム」

荒川 薫 近年、3Dプリンターの普及などにより、従来では個人では作ることが難しかったものでも、容易に作ることが可能になってきました。一人ひとりのニーズに対応するもの作りができるわけで、こうした技術は、政府の第5期科学技術基本計画でも推進することが決まっています。この技術がさらに進展していくと、従来のようにメーカーが大量生産した製品を買うのではなく、一人ひとりが自分でデザインして作ったオリジナルのものを持つことができる時代になっていくでしょう。しかし、ここで問題となるのは、一般の人が、自分の好みをどのようにしてデザインするか、ということです。メーカーには、製品をデザインするプロのデザイナーや設計者がいます。そうしたプロの作業を、一般の人が行うことは大変難しいでしょう。しかし、ゼロからデザインできない人でも、サンプルを見れば、それが自分の好みや感性に合っているのかどうかは判断できます。この判断を重ねていくことで、自分の好みに合ったデザインを実現するのが、「対話型進化計算」という手法です。この手法を応用したシステムの開発を、私は産学共同研究で行っています。

 そのひとつが、化粧品メーカーとの協働です。化粧品は、人それぞれの肌質や肌の色、顔立ちごとに最適なものがあり、また、人の好みが強く影響するため、その人に最も適している製品を求めるのは簡単ではありません。そこで、人それぞれの理想顔を求め、それを実現するための化粧品を提案するために、まず、その理想顔を求める(デザインする)システムとして開発したのが、「美顔化システム」です。

IT・科学の関連記事

アインシュタインはいかにしてアインシュタインになったのか

2022.6.17

アインシュタインはいかにしてアインシュタインになったのか

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 稲葉 肇
民事裁判のIT化は迅速化のためだけではない

2022.5.25

民事裁判のIT化は迅速化のためだけではない

  • 明治大学 法学部 准教授
  • 栁川 鋭士
日本の折紙が世界にイノベーションを起こす

2022.4.20

日本の折紙が世界にイノベーションを起こす

  • 明治大学 研究・知財戦略機構 研究特別教授
  • 萩原 一郎
あなたが見てるものは、実際のものではなく、錯視かもしれない

2022.4.6

あなたが見てるものは、実際のものではなく、錯視かもしれない

  • 明治大学 研究・知財戦略機構 先端数理科学インスティテュート 研究特別教授
  • 杉原 厚吉
ダークウェブで暗号資産が通貨になっている理由を考えると…

2022.3.18

ダークウェブで暗号資産が通貨になっている理由を考えると…

  • 明治大学 商学部 准教授
  • 土屋 陽一

新着記事

2022.06.28

コミュニケーションを第一に、家族を大切にしよう

2022.06.22

ゲームのスキルは、その子の「資本」になる

2022.06.21

地道でも “源”から、理解するようにしよう

2022.06.17

アインシュタインはいかにしてアインシュタインになったのか

2022.06.16

知の探索と深化の“両利き”で強みをさらに磨こう

人気記事ランキング

1

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

2

2022.06.22

ゲームのスキルは、その子の「資本」になる

3

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

4

2021.12.15

使い捨て文化にはない豊かさがある、日本の漆器の文化

5

2022.02.10

西欧でも関心が高まる、私たちが知らなかったイスラム教の魅力

連載記事