明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

あなたの理想顔のイメージを簡単に画像化できる

荒川 薫 荒川 薫 明治大学 総合数理学部 教授

期待できる用途の広がりと精度の向上

荒川 薫 化粧品メーカーは、商品販売の店頭のパソコンにこの「美顔化システム」を組込み、顧客が選び出した理想顔を実現するための化粧品を勧める形で、このシステムの実用化を図ろうとしています。特に、日本を訪れるインバウンドに日本の化粧品の人気は高いのですが、彼らの要望を正確に捉え、それに適した化粧品を販売することは大変難しいと言います。そこで、この「美顔化システム」は「ボーダレス・コミュニケーションツール」として機能します。世界には様々な肌の色がありますが、このシステムは人種ごとにシステムを変える必要はなく、どんな肌の色の人もカバーすることが可能です。現在は、アジア系の人と白人系の人が利用可能ですが、黒人系の人も利用できるようにすることができます。

 また、こうしたシステムが多くの人に使用されるようになると、その履歴がデータとして蓄積されていきます。例えば、「美顔化システム」を100万人が使えば、その結果が100万個のデータとなります。すると、400万通りの顔画像から最初に表示するサンプルの10個をランダムに設定するのではなく、100万個のデータを分析し、一定の予測から表示することが可能となり、対話型進化計算の精度を上げることができます。また、これまでの実験でも、世代によって理想顔に傾向の違いがあることがわかっています。システムの開始時に年齢の入力などを加えれば、さらに表示サンプルの精度を高めることができます。「美顔化システム」に限らず、一般の人のオリジナルデザインを支援するシステムの実用化において、こうしたビッグデータの活用は、非常に有効になっていくと思います。

IT・科学の関連記事

健康的な長寿のために、新たな機能性物質を見つける

2022.7.15

健康的な長寿のために、新たな機能性物質を見つける

  • 明治大学 農学部 教授
  • 浜本 牧子
数理モデルは近未来のスマート農業も実現する

2022.7.13

数理モデルは近未来のスマート農業も実現する

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 中村 和幸
アインシュタインはいかにしてアインシュタインになったのか

2022.6.17

アインシュタインはいかにしてアインシュタインになったのか

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 稲葉 肇
民事裁判のIT化は迅速化のためだけではない

2022.5.25

民事裁判のIT化は迅速化のためだけではない

  • 明治大学 法学部 准教授
  • 栁川 鋭士
日本の折紙が世界にイノベーションを起こす

2022.4.20

日本の折紙が世界にイノベーションを起こす

  • 明治大学 研究・知財戦略機構 研究特別教授
  • 萩原 一郎

新着記事

2022.08.09

自分を活かせるライフワークを見つけよう

2022.08.05

KAMの導入によって企業と環境変化が理解できる

2022.08.01

ボルボ・カー・ジャパンのトップと語る 自動車業界の未来とブランディングの重要性

2022.07.28

自由に取り組んで、自ら学ぶ力を得よう

2022.07.27

幕末のパンデミックを日本人はどう乗り越えたのか

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2018.11.06

#2 日本政府の借金はなぜこんなに膨らんだの?

3

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

4

2019.02.13

現代人が取り戻せず、潜伏キリシタンが250年間失わなかったもの

5

2021.11.26

インドから始まるイノベーションは、カオスから始まっている

連載記事