明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

あなたの理想顔のイメージを簡単に画像化できる

荒川 薫 荒川 薫 明治大学 総合数理学部 教授

カスタマイズのもの作りは地球にも優しい

 将来的には、既存の化粧品の中から適したものを勧めるのではなく、デジタルファブリケーション技術がさらに進展すれば、その場で、最適な化粧品を1個作ることが可能になると思います。冒頭でも述べたように、目指すのは、一人ひとりのニーズに対応するもの作りを実現して、きめ細かいサービスを行い、人々の生活の質の向上を図ることです。そうしたもの作りのためには、ものの情報をすべて数値化することが必要で、「美顔化システム」もそのためのシステムですが、それと並んで、その数値を基にして、ものを作り出していく3Dプリンターやレーザー加工機などのデジタルファブリケーション技術が必要です。現在は、まだ、カスタマイズしたものを1個作ることは、大量生産に比べると割高にならざるを得ませんが、デジタル製造技術が進展し、私たちの身近なものになっていくと、むしろ、非常に安く、良いものができるようになるはずです。

 さらに、こうした技術の発展は、私たち一人ひとりの満足度を高めるだけでなく、地球資源の保護にも繋がるものだと考えます。というのは、産業革命以降、企業が万人向けのものを大量生産し、販売することが社会の仕組みになっていました。それにより、生産コストを下げることができ、多くの人にものが行き渡ってきたのです。その反面、万人向けの大量生産を行えば、余るものや、消費者に好まれず売れ残るものも出てきます。つまり、大量生産は一方で、大量廃棄も生んできたのです。それは地球資源の無駄遣いであるだけでなく、環境汚染問題にもなっています。例えば、ファストファッション(流行に対応した低価格衣料品)は短いサイクルで次々に大量生産されますが、売れ残りや、ユーザーに飽きられて捨てられることも多く、大量に廃棄され山積みになった服から染み出した染料が、土壌を汚染することが問題になっています。地球を汚染している理由の第2位は、廃棄された服といわれているのです。個別に必要なものを作ることができれば、こうした問題の解決にも繋がるでしょう。実際、私は、私の開発したデザイン化システムでオリジナルのボトルを作りましたが、自分で作ったボトルには愛着が湧き、大事にしています。滅多なことで捨てることはないでしょう。そうした思いは、だれでも同じだと思います。様々な製品でオリジナルのもの作りが可能になれば、必ず、地球資源の保護にも繋がっていくと思います。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

IT・科学の関連記事

健康的な長寿のために、新たな機能性物質を見つける

2022.7.15

健康的な長寿のために、新たな機能性物質を見つける

  • 明治大学 農学部 教授
  • 浜本 牧子
数理モデルは近未来のスマート農業も実現する

2022.7.13

数理モデルは近未来のスマート農業も実現する

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 中村 和幸
アインシュタインはいかにしてアインシュタインになったのか

2022.6.17

アインシュタインはいかにしてアインシュタインになったのか

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 稲葉 肇
民事裁判のIT化は迅速化のためだけではない

2022.5.25

民事裁判のIT化は迅速化のためだけではない

  • 明治大学 法学部 准教授
  • 栁川 鋭士
日本の折紙が世界にイノベーションを起こす

2022.4.20

日本の折紙が世界にイノベーションを起こす

  • 明治大学 研究・知財戦略機構 研究特別教授
  • 萩原 一郎

新着記事

2022.08.09

自分を活かせるライフワークを見つけよう

2022.08.05

KAMの導入によって企業と環境変化が理解できる

2022.08.01

ボルボ・カー・ジャパンのトップと語る 自動車業界の未来とブランディングの重要性

2022.07.28

自由に取り組んで、自ら学ぶ力を得よう

2022.07.27

幕末のパンデミックを日本人はどう乗り越えたのか

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2018.11.06

#2 日本政府の借金はなぜこんなに膨らんだの?

3

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

4

2019.02.13

現代人が取り戻せず、潜伏キリシタンが250年間失わなかったもの

5

2021.11.26

インドから始まるイノベーションは、カオスから始まっている

連載記事