明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

コンピュータグラフィックス(CG)は、映画やゲームなどエンターテインメントの世界においていまや欠くことのできない技術です。また、アートや建築、医学など様々な分野でも活用が進んでいます。さらに、プロのクリエイターや技術者ばかりでなく、一般の人もCGを応用して、オリジナルの様々なモノ作りが行えるソフトの研究が進められています。

CGをモノ作りの支援に活用する

五十嵐 悠紀 コンピュータグラフィックスには、シーグラフ(SIGGRAPH/Special Interest Group on Computer GRAPHics)という世界最大の学界があります。そこで発表される技術は、以前はコンピュータの中で描かれる図形や形状データであったり、描画がいかに写真と見まがうほどリアルできれいか、というものが多かったのですが、ここ10年くらいで、ファブリケーション(製造、組立て)をキーワードとするトピックが急速に増えてきました。コンピュータの画面の中で見るだけではなく、手にとって触れることができるモノ作りを初心者が行うときに、支援する技術をCGを研究する立場で考案しようという動きです。私も2007年に、立体形状であるぬいぐるみをオリジナルデザインで作ることを支援するシステム「Plushie(プラッシー)」を発表しました。

「PCの作業画面」
「PCの作業画面」
 このソフトは、画面が2つに分かれており、一方にぬいぐるみの3次元CGが、もう一方に2次元の型紙が表示されます。ぬいぐるみの型紙は、通常専門家の手作業によって作られています。職人さんが積み重ねた経験をもとに、試行錯誤を繰り返し作られているため、知識のない初心者がデザインするということは非常に困難です。そこで私は、ユーザーがお絵かきソフトのように作りたいぬいぐるみの外形を線で描くと、入力した線をもとにコンピュータが自動的に型紙を生成し、できあがりのぬいぐるみ形状をシミュレーション結果として提示するシステムを提案しました。例えば、長方形の型紙を使って、2枚布を裁断し、縫い合わせて綿を入れたとしましょう。できあがりの形状は長方形ではなく一回り小さくへこんだ、ちょうど枕のような形になります。そこで、このような長方形の外形が入力としてきたときには、できあがりの形状が長方形になるような型紙を得る。これが私のシステムで行っていることです。しかし、このような内部計算はユーザーに見せることは一切せず、ユーザーから見ると、2次元の外形を描きながら、立体のぬいぐるみのできあがりを確認でき、それを作るための型紙も自動的に作られる、というわけです。

IT・科学の関連記事

健康的な長寿のために、新たな機能性物質を見つける

2022.7.15

健康的な長寿のために、新たな機能性物質を見つける

  • 明治大学 農学部 教授
  • 浜本 牧子
数理モデルは近未来のスマート農業も実現する

2022.7.13

数理モデルは近未来のスマート農業も実現する

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 中村 和幸
アインシュタインはいかにしてアインシュタインになったのか

2022.6.17

アインシュタインはいかにしてアインシュタインになったのか

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 稲葉 肇
民事裁判のIT化は迅速化のためだけではない

2022.5.25

民事裁判のIT化は迅速化のためだけではない

  • 明治大学 法学部 准教授
  • 栁川 鋭士
日本の折紙が世界にイノベーションを起こす

2022.4.20

日本の折紙が世界にイノベーションを起こす

  • 明治大学 研究・知財戦略機構 研究特別教授
  • 萩原 一郎

新着記事

2022.08.09

自分を活かせるライフワークを見つけよう

2022.08.05

KAMの導入によって企業と環境変化が理解できる

2022.08.01

ボルボ・カー・ジャパンのトップと語る 自動車業界の未来とブランディングの重要性

2022.07.28

自由に取り組んで、自ら学ぶ力を得よう

2022.07.27

幕末のパンデミックを日本人はどう乗り越えたのか

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

3

2018.11.06

#2 日本政府の借金はなぜこんなに膨らんだの?

4

2019.02.13

現代人が取り戻せず、潜伏キリシタンが250年間失わなかったもの

5

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

連載記事