明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

進化するインターネット・セキュリティ ―個人情報保護法の改正を巡って―

菊池 浩明 菊池 浩明 明治大学 総合数理学部 先端メディアサイエンス学科 教授

高いセキュリティを実現する暗号化と電子署名

菊池浩明教授 私はインターネット上におけるセキュリティを専門としている。インターネットの黎明期ともいえる1990年代初頭、民間企業の研究機関で初めてインターネットに関わった。当時は、研究所を研究ネットワークにつなぐという実験的なものだったが、その大きな可能性に胸が高鳴ったものである。その頃から、今後の課題として常に指摘されていたのがセキュリティの問題であり、その後大学に移った私の研究テーマもセキュリティに収斂されていった。
 たとえば、電子メールの暗号化実証実験もその一つである。電子メールは今や多くの人にとって、仕事・生活に必須のツールとなっているが、そのセキュリティは十分なものではない。傍受や改竄、なりすましなどの危険性が常に潜んでいる。迷惑メール対策やフィルタリングなどが導入されているが、より安全性を高めるために有効なのが「暗号化」と「ディジタル署名」である。その代表的な方式がS/MIME(Secure/Multipurpose Internet Mail Extensions)と呼ばれるもので、電子メールの暗号化と電子署名に関する標準通信規約だ。送信者は公開鍵で暗号化処理を行い、受信者はメッセージを読むため秘密鍵を用いる。セキュリティ対策に高い有効性があるものの、その仕組みの煩雑さから、ディジタル署名のしくみは国内ではネットで確定申告を行う「e-Tax」など一部の利用に留まっている。

IT・科学の関連記事

がんを分子レベルで早期診断するシステム開発が始まっている

2021.5.19

がんを分子レベルで早期診断するシステム開発が始まっている

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 石原 康利
先端医療に貢献するものづくりは、汗の結晶!?

2021.3.31

先端医療に貢献するものづくりは、汗の結晶!?

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 工藤 寛之
デジタル機器に欠かせない透明導電膜の作製技術を自然界に学ぶ

2021.3.17

デジタル機器に欠かせない透明導電膜の作製技術を自然界に学ぶ

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 我田 元
ストレスから救ってくれるのは、老化の主犯の活性酸素!?

2021.2.24

ストレスから救ってくれるのは、老化の主犯の活性酸素!?

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 安保 充
イノベーションという「パン」は空から降ってくるもの?

2021.2.17

イノベーションという「パン」は空から降ってくるもの?

  • 明治大学 政治経済学部 教授
  • 末永 啓一郎

新着記事

2021.07.30

人が言葉を話せるのは当たり前、ということからわかること

2021.07.27

新たな視点で社会や物事を捉えよう

2021.07.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

2021.07.15

これまでの人生を振り返り、初心を思い出そう

2021.07.14

パンデミックを人類史と政治から見ると、見えてくるのは…

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

3

2021.07.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

4

2020.06.10

書店が本の価格を決めたら、本はもっと売れる!?

5

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

リレーコラム