明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

進化するインターネット・セキュリティ ―個人情報保護法の改正を巡って―

明治大学 総合数理学部 先端メディアサイエンス学科 教授 菊池 浩明

秘匿性を確保したデータマイニング

 安全にビッグデータを利活用するための法整備やルール作りは当然必要なことだが、同時に進めねばならないのはセキュリティ技術の向上である。ビッグデータの利活用に当たっては、データのより強力な秘匿性を確保することが求められる。その技術が、私の研究テーマの一つでもある「プライバシー保護データマイニング(PPDM=Privacy-Preserving Data Mining)」である。
 データマイニングとは大量に蓄積されるデータを解析し、その中に潜む項目間の相関関係やパターンなどを探し出すことであり、PPDMは個人情報を秘匿したまま、暗号化技術によってデータマイニングを可能とする。実証実験では、がん患者とピロリ菌保有者の相対危険度(ピロリ菌保有者ががんに罹患する確率)を調べるため、双方のリストというパーソナルデータを暗号化して照合した。つまり対象者名は秘匿したままで、疾病とその原因との関連を解析。実験ではピロリ菌保有者のがんになる確率はそうでない人の9.7倍という、医師の経験値とほぼ一致する結果が得られた。こうした医療情報は、学術利用に限っていえば比較的利用しやすい仕組みができている。しかし、一般のデータ利用ではルールが確立されていない。PPDMの実用化が実現すれば、個人情報を保護しつつ企業が蓄積しているデータを利活用しやすくなり、ビジネスの可能性は大きく拡がることが期待される。

IT・科学の関連記事

生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

2019.8.7

生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 本田 みちよ
使い心地の良い道具は、道具ではなくなる

2019.7.24

使い心地の良い道具は、道具ではなくなる

  • 明治大学 総合数理学部 准教授
  • 渡邊 恵太
AIのタコツボに入るか、AIに指針を示すかは、使うあなた次第

2019.5.29

AIのタコツボに入るか、AIに指針を示すかは、使うあなた次第

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 横山 大作
AIがビジネスのインフラになる

2019.4.10

AIがビジネスのインフラになる

  • 明治大学 総合数理学部 准教授
  • 櫻井 義尚
「フェイクニュース」は「嘘ニュース」のことではない

2019.2.20

「フェイクニュース」は「嘘ニュース」のことではない

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 教授
  • 大黒 岳彦

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.09.11

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

2019.09.04

グローバル化による「組織パラドックス」をマネジメントするには

2019.08.28

アフリカへの協力から日本経済の将来を考える

2019.08.21

地方自治の権限の拡大によって、現代型民主主義は進化する

2019.08.07

生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

人気記事ランキング

1

2019.09.11

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

2

2013.09.01

高信頼性組織とは何か ―失敗が許されない組織の条件―

3

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

4

2019.05.22

日本の主権者教育は、世界に40年以上遅れている!?

5

2017.12.06

ネット依存によって、現代人の脳の構造が変わりつつある!?

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム