明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

CGを活用して“創る楽しさ”を広げる

五十嵐 悠紀 五十嵐 悠紀 明治大学 総合数理学部 専任講師

実際のユーザーの姿を見られるワークショップは重要な情報源

私は、このソフトを使って小学生を対象に親子で参加するワークショップを行っています。最初にソフトの使い方を30分くらいで説明します。子どもたちはその後、ぬいぐるみのデザインを始めます。外形を描いたり、物体を横切る線を描くことでその物体をカットしたり。突起をつけたり、パーツを摘まんで引っ張ったり・・・。3次元モデルをデザインしていくと、それに応じて型紙が自動生成され、できあがりのシミュレーションも変化します。子どもたちはお絵かきソフトで遊ぶ感覚で、30分ほどでデザインを完成させていきます。その後、できあがったデザインの型紙をプリンタで出力し、あとは親子で協力して縫い上げてもらいます。スタートから4時間ほどで、自分だけのオリジナルなぬいぐるみが完成します。

こうしたワークショップを開催し、実際に子どもたちがソフトを使っている姿を観察することは、私の研究においてとても重要です。子どもたちが本当に楽しんでいるのか、創造性を支援できているのか、また、逆に何に困っているのか、その場で観察することは、研究室で考えている以上に大きな情報になります。例えば、初めてのワークショップの際に「さぁ、デザインをしてみましょう」と言っても、手の動かない子が少なくありませんでした。どんなデザインのぬいぐるみにするか考え中なのか、それとも作りたいものは浮かんでいるがどのようにデザインしたら良いかわからないのか、はたまた単純にシステムの使い方がわからないのか…。見ている私たちスタッフには、わかりませんでした。そこで、紙と鉛筆を配布したところ、紙にならデザインを描ける子もいたことで、子どもたち一人ひとりで異なる戸惑いや、やりたいデザインに応じたアドバイスが必要であることがわかりました。また、自分だけのオリジナルデザインを考えることで創造性を育てたい、というのが目的だったのですが、一からデザインをするということはそもそも難しいということもわかってきました。このような経験は、その後ネックレスのデザインソフトを開発する際、ストックされた第三者のデザインを組み合わせながらオリジナルデザインを作る、対話型進化計算を取り入れたシステム開発にもつながっていきました。

IT・科学の関連記事

がんを分子レベルで早期診断するシステム開発が始まっている

2021.5.19

がんを分子レベルで早期診断するシステム開発が始まっている

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 石原 康利
先端医療に貢献するものづくりは、汗の結晶!?

2021.3.31

先端医療に貢献するものづくりは、汗の結晶!?

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 工藤 寛之
デジタル機器に欠かせない透明導電膜の作製技術を自然界に学ぶ

2021.3.17

デジタル機器に欠かせない透明導電膜の作製技術を自然界に学ぶ

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 我田 元
ストレスから救ってくれるのは、老化の主犯の活性酸素!?

2021.2.24

ストレスから救ってくれるのは、老化の主犯の活性酸素!?

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 安保 充
イノベーションという「パン」は空から降ってくるもの?

2021.2.17

イノベーションという「パン」は空から降ってくるもの?

  • 明治大学 政治経済学部 教授
  • 末永 啓一郎

新着記事

2021.06.24

ときには、自分の“原体験”を振り返ってみよう

2021.06.23

コロナ禍の人口移動で、都市のバーチャル化が進む?

2021.06.22

同じ志を持つ人との関係を、大切にしよう

2021.06.21

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

2021.06.17

受け取った“想い”を、次世代へつないでいこう

人気記事ランキング

1

2021.06.21

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

4

2021.06.23

コロナ禍の人口移動で、都市のバーチャル化が進む?

5

2021.06.16

違憲判決を社会に活かすために必要なのは

リレーコラム