明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

CGを活用して“創る楽しさ”を広げる

明治大学 総合数理学部 専任講師 五十嵐 悠紀

子どもたちの創造力を育むきっかけに

五十嵐 悠紀 私の研究の目標のひとつは、CGを活用して子どもたちや初心者のモノ作りを支援し、創造性を育むことです。ぬいぐるみのほかにも、ステンシルデザインやビーズデザインなど、手芸をテーマとした技術を考案し、ソフトを開発しています。

ステンシルとは、図形や文字が切り抜かれたプレートの上からインクをのせていくことで描くデザインですが、このプレートは1枚につながっているという制約が必要で、複雑な図形をデザインするのはとても難しくなります。そこで、ユーザーはそのような制約は気にせず、普通に絵を描いていけば、コンピュータが自動的に1枚につながるような型を作り出すソフトを開発しました。

ビーズデザインは、1本のワイヤーにビーズを通し、動物などの立体作品を作るアートです。これをデザインするのは本当に大変で、専門家は手作業でビーズを作ってはほどきの試行錯誤を繰り返し、それを書き留めていくことで、設計図をデザインしていきます。私は、初心者でもオリジナルなビーズをデザインできるようなシステム「Beady(ビーディー)」を開発しました。このシステムは「ここの面がちょっと飛び出てほしい」「この頂点がこっちの頂点とくっついてほしい」などと、ジェスチャーインタフェースを用いてマウスで線を描いていくだけで、“辺の長さがすべて一定の多面体”をデザインしていきます。このデザインされた多面体の辺が、ビーズに対応したビーズモデルもあわせてユーザーには提示されていて、制作も3次元CGを用いて支援していきます。1本のワイヤーで作る、というところは一筆書き理論でもあるオイラーグラフを用いて解いていたりと、内部ではCGや数学的な理論を使っています。こうしたツールを使って、自分でモノを創り出す楽しさを多くの人に体験してもらいたいと思っています。

創造性を養うということは、デジタルデバイスを使わなくても、例えば、牛乳パックを使った工作でも、もちろんできるでしょう。かつての子どもたちはそういった工作をはじめとして、身近なものを作ったり組み合わせたりすることで創造性を養っていたと思います。一方で、コンピュータの浸透とともに、これまでにできなかった分野の体験もすることができるようになってきました。SNSの普及や、ウェアラブルコンピュータの普及などからも、リアルとバーチャルの切れ目がなくなってきている時代です。コンピュータでデザインをして制作はリアルな世界で行う。そんな創造性の育み方も面白いのではないかと思っています。

このようなシステムを作るときには、何を支援して、何を支援しないシステムにするべきか、常に気をつけて研究、開発しています。コンピュータの支援が先回りしすぎると、子どもたちはそれに頼りきってしまい、本当に深く考えなくてはいけないところを考えられなくなってしまいます。それでは本末転倒です。最近では、小学校でも受け身の授業ではなく、発言を促し、個人の考えを伸ばすような授業が増えてきました。創造力を育み豊かにすることは、こうした授業の意図と同じで、一人ひとりが自ら考え、行動できる力を養うことにつながっていくものと考えています。

ここで紹介したソフトは、五十嵐先生のホームページにアップされています。
http://www.geocities.jp/igarashi_lab/index-j.html

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

IT・科学の関連記事

脳の活動を可視化することで、人は新たな自分に変われる

2020.11.18

脳の活動を可視化することで、人は新たな自分に変われる

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 小野 弓絵
私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

2020.11.4

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 川南 剛
人工知能を作ることから始まる現代のものづくり

2020.8.26

人工知能を作ることから始まる現代のものづくり

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 金子 弘昌
便利なロボットは人の不便から生まれる

2020.8.19

便利なロボットは人の不便から生まれる

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 加藤 恵輔 
人の生活を助けるロボットの普及を妨げているのは、「人」である

2020.7.15

人の生活を助けるロボットの普及を妨げているのは、「人」である

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 小松 孝徳

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

特別授業

新着記事

2020.12.02

脱炭素社会に舵を切った私たちの新しい生活

2020.11.25

エビデンスに基づく取り組みは、自然相手の農業にも重要

2020.11.18

脳の活動を可視化することで、人は新たな自分に変われる

2020.11.11

アメリカ・ファーストでは、国際経済の新たな秩序づくりはできない

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

人気記事ランキング

1

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

4

2020.03.18

幻想的に光る「夜光雲」が地球温暖化のメカニズムを解く

5

2019.11.08

#1 日本のアニメはいつから世界で人気になったの?

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム