明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

理想顔のイメージを数分で画像化することが可能

 まず、その人の顔画像をパソコンに取り込み、その顔画像から、しわ、しみ、毛穴の各成分をそれぞれ抽出します。実は、この各成分の抽出が大変難しかったのですが、空間周波数を活用して形状認識していくことで精度を高めました。次に、この3つの成分それぞれの除去率を16段階に分けます。また、肌の色味(黄色味~赤味)と明るさの変化をそれぞれ32段階に分けます。これらを組合わせると、その人の現在の顔画像に対して、419万4304通りの顔画像が作られます。この中から、最初はランダムに10個の顔画像をサンプルとしてモニターに表示します。その人は、その中から好ましい顔画像を3個選びます。すると、その3個を基に、約400万通りの顔画像の中から、それと似たタイプの顔画像と、それとまったく異なる顔画像を合せて10個のサンプルを再び表示します。その人は、また、その中から好ましい画像を3個選びます。これを数回繰り返すと、その人が理想的と思える顔画像が得られるのです。実験によれば、何回繰り返すかは人によりますが、概ね5~6回で理想顔が得られ、その間の時間は数分でした。わずかな時間のうちに、本人でも説明しようがなかった理想的な顔のイメージを、顔画像として化粧品メーカーのスタッフに提示することができるわけです。

 このシステムは、機械学習のひとつである遺伝的アルゴリズムという、生物が進化する過程を数理モデルで表わした方式に、人が選択するという過程を組合わせ、選ばれたものが次世代に自分と似た子孫を残すという仕組みに基づいています。世代交代ごとにまったく異なるサンプルを入れるのは、突然変異を加えるようなもので、最初のランダムなサンプルに偏りがあった場合、理想顔になかなかたどり着けないことを回避するためです。いままでの流れのタイプ2個と突然変異タイプ1個が選ばれれば、次世代には、この3個を基に似たサンプルと、これとはガラッと異なる突然変異のサンプルが表示されることになります。異なるパラメータで、もっと良いものが生まれる可能性を引き出すことができるのです。

IT・科学の関連記事

生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

2019.8.7

生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 本田 みちよ
使い心地の良い道具は、道具ではなくなる

2019.7.24

使い心地の良い道具は、道具ではなくなる

  • 明治大学 総合数理学部 准教授
  • 渡邊 恵太
AIのタコツボに入るか、AIに指針を示すかは、使うあなた次第

2019.5.29

AIのタコツボに入るか、AIに指針を示すかは、使うあなた次第

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 横山 大作
AIがビジネスのインフラになる

2019.4.10

AIがビジネスのインフラになる

  • 明治大学 総合数理学部 准教授
  • 櫻井 義尚
「フェイクニュース」は「嘘ニュース」のことではない

2019.2.20

「フェイクニュース」は「嘘ニュース」のことではない

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 教授
  • 大黒 岳彦

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.09.11

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

2019.09.04

グローバル化による「組織パラドックス」をマネジメントするには

2019.08.28

アフリカへの協力から日本経済の将来を考える

2019.08.21

地方自治の権限の拡大によって、現代型民主主義は進化する

2019.08.07

生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

人気記事ランキング

1

2019.09.11

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

2

2013.09.01

高信頼性組織とは何か ―失敗が許されない組織の条件―

3

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

4

2019.05.22

日本の主権者教育は、世界に40年以上遅れている!?

5

2017.12.06

ネット依存によって、現代人の脳の構造が変わりつつある!?

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム