明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

フランス人はなぜデモを続けるのか

明治大学 経営学部 教授 川竹 英克

では、日本人のデモとは…

川竹 英克 前置きをしているうちに時間がなくなってきましたが、西欧という「充実した記号」への脅迫観念の世界にむしろうんざりしながら日本にやってきたロラン・バルトは、1960年代の「全学連」のデモを見るわけです。当時の学生デモは、ちょうど中国人街のお祭りで見かける龍踊りのように蛇行する「ジグザグデモ」と言われるもので、今では交通規制が厳しくなって見られなくなりました。フランスのデモのように通りいっぱいに広がって行進するものを日本でも「フランス式デモ」と言うようですが、この「全学連」のデモを見たバルトにはやはりこれがひとつの記号に見えたわけです。

 彼によれば、西欧においてデモとは根源的な自発性と凶暴性を秘めた集団の主張の表出と考えられていますが、「全学連」のそれは整然として統率され演出され、主張というより表現、あるいはひとつの見世物のように、まるでマスゲームのように見えるというわけです。ここではシニフィエとしての主張、時にその暴力性は、それが生じる瞬間にシニフィアンとして、自己規制された記号へと絶えず収斂し消滅すると言っています。もちろん日本でもデモに伴う暴力はいつも問題になりますが、革命を何度も経験した国からすると、「全学連」の暴力的なデモも、お行儀のいいものに見えたということでしょうか。

 シニフィエを欠いたシニフィアン、空(くう)なる記号、これがこの国を満たしているのは今も昔も変わらないかも知れません。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

国際の関連記事

移民を引き寄せるアメリカの魅力が、日本にはあるか

2020.6.3

移民を引き寄せるアメリカの魅力が、日本にはあるか

  • 明治大学 政治経済学部 専任講師
  • 下斗米 秀之
歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2020.4.1

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 林 ひふみ
日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

2019.9.11

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

  • 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 准教授
  • 藤岡 資正

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

特別授業

新着記事

2020.07.08

ブランド価値の向上が日本企業の課題

2020.07.01

「経営を見える化」する力が「ビジネス」を変える

2020.06.24

子どもの権利を見落とす/教師の権利も見落とされる「ブラック」な学校

2020.06.17

インテリジェンス研究:安全と権利自由の「両立」をいかにして実現するか

2020.06.10

書店が本の価格を決めたら、本はもっと売れる!?

人気記事ランキング

1

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2020.07.08

ブランド価値の向上が日本企業の課題

4

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

5

2017.06.14

現代の経済学では説明できない!? 縄文時代の持続可能性社会

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム