明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

子どもを語学の天才にするために、大人は工夫の天才になろう

明治大学 国際日本学部 教授 廣森 友人

大切なのは、完璧に喋ることより臆せずに自分の考えを伝えること

 大学で、教職を目指す学生の指導方法として、例えば、宿題を出すときに、クラス全員に同じ問題を出すのではなく、いくつかの問題を提示して、どれかをやって来るような形で指示することがあります。また、簡単なクイズをするときも、10問×10点で100点満点のもの、2問×50点で100点満点のものなどを用意し、学生に選択させる方法を取り入れることがあります。結局、学習量はどのパターンを選んでも同じになるのですが、学生自身が選択できるという要素が加わると、モチベーションや自律性が大きく変わってきます。こうした取組みや経験を自らが教員になったときに活かして、より良い学習法・指導法を見出していって欲しいと考えています。

 日本人は外国語の習得が得意ではないと言われますが、与えられた課題に対して真面目にコツコツと取組む国民性は、むしろ語学学習に向いていると思います。その意味で、大学の入試に英語の4技能が加わったことは良いきっかけになると考えられます。課題がはっきりとし、スピーキング学習のモチベーションが高まるはずです。すると、小学校における英語教育も重視されてくると考えられます。小学校の先生も、自身の英語力の上達を目指す真面目な人が多いのですが、重要なのは、先生が上手に喋ることより生徒にたくさん喋らせることです。いま、日本人にとっては、アジアの人たちなど英語を母語としていない人と、英語でコミュニケーションするケースが増えています。そのとき大切なのは、発音も文法も間違えずに完璧に喋ることより、臆せずに自分の考えを伝えること、相手の言うことを理解しようとすることです。英語を教えるときも、それが基本になるのではないかと思います。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

キャリア・教育の関連記事

日本の主権者教育は、世界に40年以上遅れている!?

2019.5.22

日本の主権者教育は、世界に40年以上遅れている!?

  • 明治大学 文学部 特任教授
  • 藤井 剛
「スポーツ共創」の時代

2019.1.30

「スポーツ共創」の時代

  • 明治大学 商学部 准教授
  • 澤井 和彦
18歳の大人たちに、糧となるのはしっかりとした法教育

2019.1.9

18歳の大人たちに、糧となるのはしっかりとした法教育

  • 明治大学 法学部 准教授
  • 星野 茂
「道徳科」導入の現在、その是非を超えて

2018.8.29

「道徳科」導入の現在、その是非を超えて

  • 明治大学 文学部 准教授
  • 関根 宏朗

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.09.11

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

2019.09.04

グローバル化による「組織パラドックス」をマネジメントするには

2019.08.28

アフリカへの協力から日本経済の将来を考える

2019.08.21

地方自治の権限の拡大によって、現代型民主主義は進化する

2019.08.07

生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

人気記事ランキング

1

2019.09.11

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

2

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

3

2017.12.06

ネット依存によって、現代人の脳の構造が変わりつつある!?

4

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

5

2019.04.24

子どもに会うための共同親権制度では本末転倒

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム