明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

子どもを語学の天才にするために、大人は工夫の天才になろう

廣森 友人 廣森 友人 明治大学 国際日本学部 教授

大切なのは、完璧に喋ることより臆せずに自分の考えを伝えること

 大学で、教職を目指す学生の指導方法として、例えば、宿題を出すときに、クラス全員に同じ問題を出すのではなく、いくつかの問題を提示して、どれかをやって来るような形で指示することがあります。また、簡単なクイズをするときも、10問×10点で100点満点のもの、2問×50点で100点満点のものなどを用意し、学生に選択させる方法を取り入れることがあります。結局、学習量はどのパターンを選んでも同じになるのですが、学生自身が選択できるという要素が加わると、モチベーションや自律性が大きく変わってきます。こうした取組みや経験を自らが教員になったときに活かして、より良い学習法・指導法を見出していって欲しいと考えています。

 日本人は外国語の習得が得意ではないと言われますが、与えられた課題に対して真面目にコツコツと取組む国民性は、むしろ語学学習に向いていると思います。その意味で、大学の入試に英語の4技能が加わったことは良いきっかけになると考えられます。課題がはっきりとし、スピーキング学習のモチベーションが高まるはずです。すると、小学校における英語教育も重視されてくると考えられます。小学校の先生も、自身の英語力の上達を目指す真面目な人が多いのですが、重要なのは、先生が上手に喋ることより生徒にたくさん喋らせることです。いま、日本人にとっては、アジアの人たちなど英語を母語としていない人と、英語でコミュニケーションするケースが増えています。そのとき大切なのは、発音も文法も間違えずに完璧に喋ることより、臆せずに自分の考えを伝えること、相手の言うことを理解しようとすることです。英語を教えるときも、それが基本になるのではないかと思います。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

キャリア・教育の関連記事

人が言葉を話せるのは当たり前、ということからわかること

2021.7.30

人が言葉を話せるのは当たり前、ということからわかること

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 専任講師
  • 坂本 祐太
コロナ禍の人口移動で、都市のバーチャル化が進む?

2021.6.23

コロナ禍の人口移動で、都市のバーチャル化が進む?

  • 明治大学 文学部 教授
  • 川口 太郎
「源氏物語」は批判精神に充ちた「硬派」の物語!?

2020.12.23

「源氏物語」は批判精神に充ちた「硬派」の物語!?

  • 明治大学 文学部 准教授
  • 湯淺 幸代

新着記事

2021.08.05

気候変動を起こす人の営みを変えるために必要な知恵とは

2021.08.03

一人ひとりの適性を見極めた指導を心がけよう

2021.07.30

人が言葉を話せるのは当たり前、ということからわかること

2021.07.27

新たな視点で社会や物事を捉えよう

2021.07.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2021.07.30

人が言葉を話せるのは当たり前、ということからわかること

3

2017.07.05

生まれる子の福祉を第一に考えて、生殖補助医療法の早期制定を!

4

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

5

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

リレーコラム