明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

外部英語検定試験・導入の意味 ―世界で勝負できる人材を育成するために―

尾関 直子 尾関 直子 明治大学 国際日本学研究科長 国際日本学部 教授

グローバル社会に生きる現代人にとって、英語などの外国語習得は基礎条件となっている。世界で勝負するために、発信力を高めるために、外国語をより効率よく習得することが求められる。キーワードは、「自律学習」のための「メタ認知」と「インタラクション」にあった。

入学試験にいまだ残る明治時代の英語

尾関直子教授 ――英語をはじめ、外国語教育のあり方が大きく変わりつつあります。現在の日本の英語教育について、どのようにお考えですか。

良い方向へ変わってきた部分と、まだ変わっていない部分がありますね。現在の新しい学習指導要領では、高校の英語の授業は英語で行うということになっており、すでに60%以上の高校で、日本語は使わない英語による英語の授業を実施しています。文科省の調査では、つい数年前までは5%ぐらいでした。現在、山梨県や北海道、愛知県などでは、すべての公立高校で英語による英語の授業が行われています。したがって、教員採用のときでも本当の英語力が求められるようになってきました。そのせいか、明治大学国際日本学部の私のゼミからも今年は多くの学生が教員に採用されました。英語力と英語による指導力が関係しているのではないかと考えられます。
ただし、高校の教科書の内容はまだまだと言わざるをえません。文法中心なのです。問題は国立大学の二次入学試験ではないかと見ています。いくつかの国立大学の二次入学試験では、「明治時代の英語」ではないかと言われるほどの試験内容が、いまだ出題されている例もあります。

キャリア・教育の関連記事

コロナ禍の人口移動で、都市のバーチャル化が進む?

2021.6.23

コロナ禍の人口移動で、都市のバーチャル化が進む?

  • 明治大学 文学部 教授
  • 川口 太郎
「源氏物語」は批判精神に充ちた「硬派」の物語!?

2020.12.23

「源氏物語」は批判精神に充ちた「硬派」の物語!?

  • 明治大学 文学部 准教授
  • 湯淺 幸代
数字が動く図やグラフになると、数学の世界が広がり始める

2020.10.7

数字が動く図やグラフになると、数学の世界が広がり始める

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 阿原 一志

新着記事

2021.07.27

新たな視点で社会や物事を捉えよう

2021.07.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

2021.07.15

これまでの人生を振り返り、初心を思い出そう

2021.07.14

パンデミックを人類史と政治から見ると、見えてくるのは…

2021.07.13

相手への期待を込めた指導で、成長を促そう

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

3

2021.07.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

4

2020.06.10

書店が本の価格を決めたら、本はもっと売れる!?

5

2019.11.08

#1 日本のアニメはいつから世界で人気になったの?

リレーコラム