明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

Meiji.net 探していた、答えがある。

プロフィール

尾関 直子
教育・研究テーマと関連するSDGsの達成目標に向けて取り組んでいます。

尾関 直子

明治大学 国際日本学研究科長 国際日本学部 教授

研究分野
応用言語学・英語教育
研究テーマ
学習ストラテジーを取り入れた授業、CEFRと学習者の自律、外国語学習者のためのスピーキングモデル
学位
博士(修辞学及び言語学)
主な著書・論文
  • 『CEFR-Jガイドブック』(共著・大修館書店・2013年)
  • 『統合的英語科教育法』(共著・成美堂・2012年)
  • 『小、中、高、大の一貫する英語コミュニケーション能力の到達基準の策定とその検証(平成20 年度~平成23 年度科学研究費補助金基盤研究A 中間報告書)』(共著・「CEFRの理念と学習者の自律」・2010年)
  • 『成長する英語学習者:学習者要因と自律学習』(共著・「学習ストラテジーとメタ認知」・大修館書店・2010年)
  • 『高等学校新学習指導要領の展開』(共著・明治図書・2010年)
  • 『What Are L2 Learners Thinking about While Performing a Speaking Task? 』(共著 Proceedings of the Seventh Annual Hawaii International Conference on Education, U.S.A. ,pp. 2079-2081(2009年))
  • 『Project Work Designed to Develop Learners’ Metacognition』(単著 Annual Review of English Learning and Teaching (The JACET Kyushu-Okinawa Chapter) , 12, pp. 61-66(2007年))
  • 『英語教師のための学習ストラテジーハンドブック』(共編著・大修館書店・2006年)ほか多数。

執筆記事

執筆者一覧

新着記事

2021.08.05

気候変動を起こす人の営みを変えるために必要な知恵とは

2021.08.03

一人ひとりの適性を見極めた指導を心がけよう

2021.07.30

人が言葉を話せるのは当たり前、ということからわかること

2021.07.27

新たな視点で社会や物事を捉えよう

2021.07.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2021.07.30

人が言葉を話せるのは当たり前、ということからわかること

3

2017.07.05

生まれる子の福祉を第一に考えて、生殖補助医療法の早期制定を!

4

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

5

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

リレーコラム