明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

外部英語検定試験・導入の意味 ―世界で勝負できる人材を育成するために―

明治大学 国際日本学研究科長 国際日本学部 教授 尾関 直子

入試・測定の基準が誕生する

 ――日本も国際的な共通の基準になるということですね。

その通りです。ヨーロッパはCEFRと呼ぶヨーロッパの共通参照枠があります。CEFRの理念は二つあって、一つは自律した学習者をつくること。もう一つは、互いの立場を尊重し合って他の人と建設的な関係を結ぼうとする精神を育てようというものです。自律しつつ、複言語・複文化の人々がお互いの違いを尊重し、お互いを理解し合おうという精神を大切にしているわけです。
いま、文科省では、日本の英検などの検定試験のレベルや、TOEFL iBT、TOEICなどもすべてCEFRに基づいてレベルを比較しています。そして、これから4技能を取り入れよういう入試も、その殻となりそうなのがCEFRです。

グループワークで表現力を磨く

尾関直子教授 ――世界で通用する表現力、言語力を身につけるため、具体的に、明治大学の国際日本学部や先生のゼミでは、どのように進めておられますか?

専門的なことは省きますが、私の専門は応用言語学であり、その理論に基づいて実践しています。学部の新入生はTOIECの平均は、半年で715点になります。言語習得には「読む・聴く」というインプットだけでなく、アウトプット、「書く・話す」が大事です。それと「インタラクション」です。お互いに話し合う、助け合うことにより、どんどん英語が上達していきます。日頃学習の機会が少ないスピーキングの時間は、グループワークのインタラクションによって飛躍的に増えます。
また、学部では「オフィスアワー」というのを実施していて、学生が都合のいい時にネイティブスピーカーの先生たちとテーマを持って会話することができる仕組みもあります。さらにライティングにも力を入れています。書かないと上手くなりません。これについては、「プロセスアプローチ」を導入しています。例えば、最近の社会問題についてエッセイを書く場合、まず、グループでディスカッションし、その後、個人でエッセイを書きます。次に、学生同士でエッセイを交換し、それに関してコメントを書きます。学生はそのコメントに基づいて、エッセイを書き直します。今度は、先生が読み、コメントを書き、そのコメントに基づいて学生がまた書き直します。このように何回も何回も書き直すのです。学生がそのエッセイを書き直したかったら、学期末まで書き直すことができます。ファーストドラフトからファイナルドラフトまで、すべて原稿はポトフォリオにいれ保管します。教師は学期末にポトフォリオを集め、学生のライティングがどのくらい成長したかも考慮して成績を付けます。一発勝負ではありません。
言語習得は何といっても、努力です。たゆまない努力とインタラクション。それと、メタ認知ですね。それを持った自律した学習者になることが大切なのです。

 ――日本の英語教育が大きく変わることがよくわかりました。本日はありがとうございました。

※掲載内容は2015年3月時点の情報です。
>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

キャリア・教育の関連記事

子どもを語学の天才にするために、大人は工夫の天才になろう

2018.9.26

子どもを語学の天才にするために、大人は工夫の天才になろう

  • 明治大学 国際日本学部 教授
  • 廣森 友人
「道徳科」導入の現在、その是非を超えて

2018.8.29

「道徳科」導入の現在、その是非を超えて

  • 明治大学 文学部 准教授
  • 関根 宏朗
スポーツで養うのは従順さ? 主体性?

2018.5.30

スポーツで養うのは従順さ? 主体性?

  • 明治大学 政治経済学部 教授
  • 高峰 修
TOEFL スピーキングスコアがアジア最下位の日本は、変われるか?

2017.11.15

TOEFL スピーキングスコアがアジア最下位の日本は、変われるか?

  • 国際連携機構 特任准教授
  • 横川 綾子
多様な世界に飛び込み自分の殻を破るために、いまこそ留学

2017.8.9

多様な世界に飛び込み自分の殻を破るために、いまこそ留学

  • 明治大学 国際日本学部 准教授
  • 小林 明

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2018.12.12

行政はなぜ必要?なくては困るが、甘えすぎも要注意!

2018.12.05

明治維新には、多くの“西郷どん”たちの必死の努力の集約がある

2018.11.28

パリ・コレに見る、「一流ブランド」の真価

2018.11.21

あなたが住む家は、あなたを地震から守ってくれますか

2018.11.07

IPOバブルは金融リテラシー欠如の表れ!?

人気記事ランキング

1

2017.03.15

「沖縄振興予算」という呼称が、誤解を招いている

2

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

3

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

4

2018.12.12

行政はなぜ必要?なくては困るが、甘えすぎも要注意!

5

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム