明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

#1 非正規雇用労働者に対する格差がなくなる?

明治大学 経営学部 教授 遠藤 公嗣

賃金の不合理な格差の説明責任が経営者になる

今年の4月1日から、大企業について「パートタイム・有期雇用労働法」が施行されました(中小企業の適用は2021年4月1日)。

この新法には、経営者側にとっても、労働者側にとっても、非常に重要な規定が入っています。その意味をあらためて考えてみたいと思います。

まず、同法の考え方は、いわゆる「同一労働同一賃金」です。この考え方については次回以降で詳しく説明しますが、要は、正社員と同一の仕事に従事しているパートタイムや有期雇用など、非正規雇用労働者に対して、正社員との間に不合理な格差をつけてはいけない、という考え方です。この考え方は、従来の法と基本的に変わっていません。

しかし、今回の新法で大きく変わったのは、非正規雇用労働者が正社員との待遇の差について、経営者に説明を求めた場合、経営者は、それに対して説明する義務がある、と規定されたことです。このことは、とても重要です。

実は、民法の基本的な考え方では、例えば、損害賠償などを求める場合、求める側に、その理由を説明する責任があります。

つまり、賃金の不合理な格差を非正規雇用労働者が訴える場合も、労働者側が、不合理な格差を説明しなければならなかったのです。しかし、今回の新法で、説明責任の立場が逆になったのです(立証責任の転換)。

しかも、その説明において、「非正規雇用労働者だから」という理由は認められないと、はっきり規定されました。

また、非正規雇用労働者が経営者側の説明に納得できず、労使交渉や、斡旋・調停、さらに、裁判になった場合も、説明責任は経営者側にあります。

つまり、従来の法に比べて、非正規雇用労働者はとても声を上げやすくなったのです。これは非常に重要なポイントになると思います。

さらに、いままでの法の条文では見られなかった「基本給」という言葉が、今回の新法では用いられています。これも、非常に重要なポイントになります。

次回は、基本給の是正について解説します。


#1 非正規雇用労働者に対する格差がなくなる?
#2 同一労働同一賃金が実現する?
#3 日本の賃金制度は普通じゃない?
#4 公平な賃金制度は企業にとってマイナス?
#5 生き方に合わせた働き方ができる?

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

連載コラムの関連記事

#2 主体的なキャリア形成は企業にとって有効?

2020.9.25

#2 主体的なキャリア形成は企業にとって有効?

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 荒木 淳子
なぜなぜ?と自分の内に問いかけ原因を究明しよう

2020.9.24

なぜなぜ?と自分の内に問いかけ原因を究明しよう

  • 明治大学 法学部 教授
  • 柿﨑 環
#1 主体的なキャリア形成とは?

2020.9.18

#1 主体的なキャリア形成とは?

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 荒木 淳子
テレワークのときこそ“対話”する機会を作ろう

2020.9.17

テレワークのときこそ“対話”する機会を作ろう

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 加藤 雅彦
ひとつの情報を複数のメディアで検証してみよう

2020.9.10

ひとつの情報を複数のメディアで検証してみよう

  • 明治大学 総合数理学部 特任教授
  • 前野 義晴

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

特別授業

新着記事

2020.09.23

コロナ渦を都市政策の歴史的な転換点に

2020.09.16

これからは内部通報を促す企業が力をつける

2020.09.09

土壌は資源であり、持続的な活用のためには知恵が必要

2020.09.02

データサイエンティストにとって、データ分析は結論ではない

2020.08.26

人工知能を作ることから始まる現代のものづくり

人気記事ランキング

1

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2020.09.23

コロナ渦を都市政策の歴史的な転換点に

4

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

5

2020.09.16

これからは内部通報を促す企業が力をつける

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム