明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

生の情報に沢山触れ、自分の考え方を相対化しよう

関 正雄 関 正雄 明治大学 経営学部 特任教授

いまやクリエイティブな職種に留まらず、多くのビジネスパーソンにとって発想力や企画力は必須のスキル。ライバルを一歩リードするのに役立つヒントを、知の先達である明治大学・教授陣の言葉から探ります。

教授陣によるリレーコラム/アイデアの泉【21】

発想力を高めるには、自分の目で見て、自分で考えることが大切です。そのためには、素材にたくさん触れなくてはなりません。立場や考え方が異なる人の話を聞くのはもちろん、日本だけでなく世界の動向を気にかけることも必要です。

実際に世界各地にマメに足を運ぶのが理想ですが、そうもいきません。そこで、学生にもよく勧めているのですが、NHK衛星放送の「ワールドニュース」はとてもよい素材だと思います。欧米だけではなく、アジアやアフリカ、中東など、世界中のニュースを画像つきの同時通訳で見ることができます。

国によって問題にする事象が違っていたり、たまたま世界共通のテーマを扱っていても、日本と海外では取り上げ方が異なっていたり。そういう点を観察していると大変興味深いです。

このような多様性に触れることによって、自分の考え方を相対化でき、アイデアにも結びつくのだと思います。

同様に、いまの時代、企業経営にとってNGOとの対話はますます大事になってきています。基本的に企業は利益志向、NGOはミッション志向と、そもそもの行動原理や物の考え方は違いますが、お互いを見ながらその距離を縮めています。

NGOはビジネスの手法が課題解決に必要であると気づき、企業も利益だけでなくミッション(崇高な理念というより、社会における自社の存在意義を考え、課題に対するビジネス・ソリューションを生み出すこと)が重要だと、問題の核心を理解し始めているのです。

「立場や考え方の違う人とは打ち解けて話せない」と、仲間内に閉じこもってしまっては進歩がなくなり、見方も偏ってしまいます。アンテナを高く、関心を広く持ち続けることで、個別の事象の繋がりや新たな意味が見えてくることでしょう。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

時空を超えた他者と対話しよう

2021.10.14

時空を超えた他者と対話しよう

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 准教授
  • 南後 由和
フランクな交流を通して、人生の視野を広げよう

2021.10.7

フランクな交流を通して、人生の視野を広げよう

  • 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 教授
  • 湯淺 墾道
新しいことに挑戦し、自分のスタイルを確立しよう

2021.9.30

新しいことに挑戦し、自分のスタイルを確立しよう

  • 明治大学 法学部 教授
  • 太田 勝造
“入口”の先の世界で自分の可能性を広げていこう

2021.9.28

“入口”の先の世界で自分の可能性を広げていこう

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 若野 友一郎
挑戦することで自らも社会も“進化”させよう

2021.9.16

挑戦することで自らも社会も“進化”させよう

  • 明治大学 商学部 教授
  • 水野 誠

新着記事

2021.10.20

日本のマンガは、日本の人々を多面的に写し出してきた鏡である

2021.10.14

時空を超えた他者と対話しよう

2021.10.13

コロナ禍をきっかけに見えてきた「ひとり空間」の新たなかたち

2021.10.07

フランクな交流を通して、人生の視野を広げよう

2021.10.06

世界では、インターネットを快適にするための規制が始まっている

人気記事ランキング

1

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2021.10.13

コロナ禍をきっかけに見えてきた「ひとり空間」の新たなかたち

4

2021.10.06

世界では、インターネットを快適にするための規制が始まっている

5

2014.12.01

【特別号】箱根駅伝優勝を夢見て ―競走部に懸けた20年間の奮闘の軌…

リレーコラム