明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

#5 生き方に合わせた働き方ができる?

明治大学 経営学部 教授 遠藤 公嗣

どう生きたいのか、そのための働き方ができる社会に

国際基準になっている「同一価値労働同一賃金」には、人々の多様性を認めながら、賃金の公平性を実現するという考え方があります。それは、一人の人にとっても、多様な生き方に対応した働き方が可能になるということでもあります。

例えば、近年、関心が高まっているリカレント教育(本来の意味は、フルタイム就業とフルタイム就学を交互に行うこと)のスタイルで、社会人になっても定期的に学校などで学び、新しい技能やスキルを身につけて、ワンランク上の職務に就くという働き方も可能です。

また、行きたいときに留学して、また再就職するということもできるでしょう。実際、欧米などではそうしたライフスタイルの人も多くいます。

さらに、女性は妊娠、出産、子育てのために退職を余儀なくされることがあります。数年後に再就職しようとしても、良い職はなかなか見つかりません。

でも、非正規雇用であってもそれなりの収入が得られたり、あるいは、子育ての合間に教育を受けて、以前よりも良い職務に就くことも可能であれば、女性の働くモチベーションは高まるのではないでしょうか。

要は、「パートタイム・有期雇用労働法」が国際標準の賃金制度に近づく一歩となるのであれば、企業経営者は新たな発想をもつように変わらなければいけませんが、働く側も、新たな発想をもって自分の生き方を考えることが求められると思います。

実は、最近の学生でも、専業主婦志向が少なからずあります。専業主婦がいけないとは言いませんが、それが自分の生き方なのか、自分らしさなのか、は考えることが必要です。

男は一家を支えなければいけないという「常識」も、女は働く男を支えなければいけないという「常識」も、若いうちは給料が安くても我慢しなければいけないという「常識」も、転職はリスクで定年までひとつの会社に勤め続ける方が安心という「常識」も、これからの日本社会では通用しなくなっていくでしょう。

そのとき、問われるのは、ひとりひとりの生き方だと思います。どう生きたいのか、そのための働き方ができる社会に、日本も向かおうとしていると思います。


#1 非正規雇用労働者に対する格差がなくなる?
#2 同一労働同一賃金が実現する?
#3 日本の賃金制度は普通じゃない?
#4 公平な賃金制度は企業にとってマイナス?
#5 生き方に合わせた働き方ができる?

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

連載コラムの関連記事

#2 主体的なキャリア形成は企業にとって有効?

2020.9.25

#2 主体的なキャリア形成は企業にとって有効?

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 荒木 淳子
なぜなぜ?と自分の内に問いかけ原因を究明しよう

2020.9.24

なぜなぜ?と自分の内に問いかけ原因を究明しよう

  • 明治大学 法学部 教授
  • 柿﨑 環
#1 主体的なキャリア形成とは?

2020.9.18

#1 主体的なキャリア形成とは?

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 荒木 淳子
テレワークのときこそ“対話”する機会を作ろう

2020.9.17

テレワークのときこそ“対話”する機会を作ろう

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 加藤 雅彦
ひとつの情報を複数のメディアで検証してみよう

2020.9.10

ひとつの情報を複数のメディアで検証してみよう

  • 明治大学 総合数理学部 特任教授
  • 前野 義晴

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

特別授業

新着記事

2020.09.23

コロナ渦を都市政策の歴史的な転換点に

2020.09.16

これからは内部通報を促す企業が力をつける

2020.09.09

土壌は資源であり、持続的な活用のためには知恵が必要

2020.09.02

データサイエンティストにとって、データ分析は結論ではない

2020.08.26

人工知能を作ることから始まる現代のものづくり

人気記事ランキング

1

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2020.09.23

コロナ渦を都市政策の歴史的な転換点に

4

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

5

2020.09.16

これからは内部通報を促す企業が力をつける

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム