明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

#1 M&Aってどういうこと?

名越 洋子 名越 洋子 明治大学 商学部 教授

日本では、事業価値を高めるためのM&Aが多い

最近、日本でも、TOBによる大きなM&Aが起こるようになり、マスコミなども大きく取り上げます。でも、TOBによるM&Aというと、乗っ取りのようなイメージをもつ人も多いのではないでしょうか。しかし、実は、敵対的TOBは、日本では本当にわずかなのです。

M&Aとはどういうことかというと、Merger(合併)と、Acquisition(株式取得)のことです。

合併とは、2つ以上の会社がひとつの会社となることで、一方の法人格が消滅することになります。

株式取得の場合は、会社は別々に残りますが、一方の会社の株式が一定以上取得されることで支配関係が生まれることもあります。

例えば、過半数の株式を取得すれば、親会社と子会社の関係になり、親会社側は経営陣を送り込むことができます。3分の1の株式を取得すると、その企業の株主総会で、特別決議に対して拒否権をもつことができるようになります。

つまり、経営方針に対して大きな影響を及ぼすことができるようになるわけです。

なぜ、M&Aが行われるかといえば、実は、同業で規模を拡大させることが目的であることが多いのです。銀行が合併してメガバンクを目指すケースなどがそうですし、近年では、様々な業界で、業界再編を目的とした合併が多くなっています。

また、経営不振の企業が合併を依頼したり、出資を依頼して株式の取得を持ちかけ、子会社となって親会社から経営陣を迎え入れることもあります。

いずれにしても、M&Aによって事業価値を高めようとするわけです。

こうした活動は、関係者の協議によって進められるだけではありません。株式公開買い付け制度によって行われることもあります。それがTOBです。

次回は、TOB(株式公開買い付け制度)について解説します。

#1 M&Aってどういうこと?
#2 TOBってどういうこと?
#3 敵対的TOBの成功って、乗っ取り成功のこと?
#4 敵対的TOBが成功しない理由は?
#5 TOBもM&Aも、一般の生活者には他人ごと?

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

新たな視点で社会や物事を捉えよう

2021.7.27

新たな視点で社会や物事を捉えよう

  • 明治大学 文学部 専任講師
  • 昔農 英明
これまでの人生を振り返り、初心を思い出そう

2021.7.15

これまでの人生を振り返り、初心を思い出そう

  • 明治大学 政治経済学部教授
  • 重田 園江
相手への期待を込めた指導で、成長を促そう

2021.7.13

相手への期待を込めた指導で、成長を促そう

  • 明治大学 政治経済学部 専任講師
  • 努尓買買提 依克山
「自主・独立」の精神で、今の時代を生き抜こう

2021.7.8

「自主・独立」の精神で、今の時代を生き抜こう

  • 明治大学 商学部 教授
  • 李 英美
恩師の教えが今こそ、新たな“気付き”に繋がる

2021.7.1

恩師の教えが今こそ、新たな“気付き”に繋がる

  • 明治大学 文学部 教授
  • 荒又 美陽

新着記事

2021.07.30

人が言葉を話せるのは当たり前、ということからわかること

2021.07.27

新たな視点で社会や物事を捉えよう

2021.07.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

2021.07.15

これまでの人生を振り返り、初心を思い出そう

2021.07.14

パンデミックを人類史と政治から見ると、見えてくるのは…

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

3

2021.07.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

4

2020.06.10

書店が本の価格を決めたら、本はもっと売れる!?

5

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

リレーコラム