明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

#1 M&Aってどういうこと?

明治大学 商学部 教授 名越 洋子

日本では、事業価値を高めるためのM&Aが多い

最近、日本でも、TOBによる大きなM&Aが起こるようになり、マスコミなども大きく取り上げます。でも、TOBによるM&Aというと、乗っ取りのようなイメージをもつ人も多いのではないでしょうか。しかし、実は、敵対的TOBは、日本では本当にわずかなのです。

M&Aとはどういうことかというと、Merger(合併)と、Acquisition(株式取得)のことです。

合併とは、2つ以上の会社がひとつの会社となることで、一方の法人格が消滅することになります。

株式取得の場合は、会社は別々に残りますが、一方の会社の株式が一定以上取得されることで支配関係が生まれることもあります。

例えば、過半数の株式を取得すれば、親会社と子会社の関係になり、親会社側は経営陣を送り込むことができます。3分の1の株式を取得すると、その企業の株主総会で、特別決議に対して拒否権をもつことができるようになります。

つまり、経営方針に対して大きな影響を及ぼすことができるようになるわけです。

なぜ、M&Aが行われるかといえば、実は、同業で規模を拡大させることが目的であることが多いのです。銀行が合併してメガバンクを目指すケースなどがそうですし、近年では、様々な業界で、業界再編を目的とした合併が多くなっています。

また、経営不振の企業が合併を依頼したり、出資を依頼して株式の取得を持ちかけ、子会社となって親会社から経営陣を迎え入れることもあります。

いずれにしても、M&Aによって事業価値を高めようとするわけです。

こうした活動は、関係者の協議によって進められるだけではありません。株式公開買い付け制度によって行われることもあります。それがTOBです。

次回は、TOB(株式公開買い付け制度)について解説します。

#1 M&Aってどういうこと?
#2 TOBってどういうこと?
#3 敵対的TOBの成功って、乗っ取り成功のこと?
#4 敵対的TOBが成功しない理由は?
#5 TOBもM&Aも、一般の生活者には他人ごと?

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

連載コラムの関連記事

現場の声を聞き、現場の立場で、物事を考えよう

2020.4.2

現場の声を聞き、現場の立場で、物事を考えよう

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 片野 洋平
日々の生活のなかに発想のヒントを探そう

2020.3.26

日々の生活のなかに発想のヒントを探そう

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 鈴木 秀彦
#4 「インダストリー4.0」をより良い革命にするには?

2020.3.24

#4 「インダストリー4.0」をより良い革命にするには?

  • 明治大学 経営学部 准教授
  • 清水 一之
知識や経験を重ね、思いつくための準備を整えよう

2020.3.19

知識や経験を重ね、思いつくための準備を整えよう

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 准教授
  • 山内 勇
#3 「インダストリー4.0」によって疎外される人たちがいる?

2020.3.17

#3 「インダストリー4.0」によって疎外される人たちがいる?

  • 明治大学 経営学部 准教授
  • 清水 一之

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

特別授業

新着記事

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2020.03.25

所有者不明土地の解決策はサブスクリプションにある!?

2020.03.18

幻想的に光る「夜光雲」が地球温暖化のメカニズムを解く

2020.03.11

新しい価値を創出するイノベーションを育てるのは、私たち自身

2020.03.04

がんの検査だけじゃない! ヒ素を無毒化する線虫にも注目!

人気記事ランキング

1

2019.11.20

ゲノム編集で不妊症の原因を解き明かす

2

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

3

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

4

2019.12.04

日本独特の発酵食品をつくる麹菌は日本にしかいない!?

5

2019.02.13

現代人が取り戻せず、潜伏キリシタンが250年間失わなかったもの

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム