明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

「日本」を相対的に捉える視点を学ぼう

柿崎 繁 柿崎 繁 明治大学 名誉教授(元商学部教授)

ときに人生の指針となり、仕事のヒントとなり、コミュニケーションツールの一助となる「読書」。幅広い読書遍歴を誇る明治大学の教授陣が、これからの社会を担うビジネスパーソンに向けて選りすぐりの一冊をご紹介。

教授陣によるリレーコラム/40歳までに読んでおきたい本【3】

テッサ・モーリス=スズキ『批判的想像力のために―グローバル化時代の日本―』(平凡社・2002年)

テッサ・モーリス=スズキ氏は、オーストラリア国籍の日本経済史の専門家で、日本の歴史に詳しく、非常に視野の広い方です。この本は全部が書き下ろしではなく論文集のような体裁をとっているため、その時代その時代の差し迫った問題について、彼女の目を通して答えていくような形になっています。多元的に論じられていて、非常に面白く刺激を受けました。

本書では、サンフランシスコ講和条約、日米安保条約、日米地位協定など、歴史的スパンから現在の日本を見ています。例えば、サンフランシスコ講和条約では領土問題の関係当事者である韓国も、北朝鮮も、台湾も、中国も、会議に呼ばれていませんでしたが、実際は当事者が来ないと何も決められないわけです。いま起こっている領土問題の原因がサンフランシスコ講和条約にあるということは、わかってはいたものの、改めて指摘されるとハッとさせられました。戦前・戦後を通じた長い歴史の中にいまの諸問題の根源がある。同じことを日本人が言うとイロイロとレッテルを貼られそうですが、外国人の方に相対的に広い視野で捉えてもらうのは大事なことではないでしょうか。

また、グローバリゼーションが進む陰で日本のナショナリズムが台頭してきていることを彼女は危険視しています。このような鋭い視点から日本を論じる人の本を読むことで、外から見られている日本人を振り返ることができます。厳しい批判もしていますが、全体としては日本に対する愛情や期待が感じられる本書を、ぜひ多くの方に読んでいただきたいと思います。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

自分を活かせるライフワークを見つけよう

2022.8.9

自分を活かせるライフワークを見つけよう

  • 明治大学 専門職大学院 会計専門職研究科 教授
  • 小松 義明
自由に取り組んで、自ら学ぶ力を得よう

2022.7.28

自由に取り組んで、自ら学ぶ力を得よう

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 教授
  • 須田 努
信念を貫くことにも自覚的であろう

2022.7.21

信念を貫くことにも自覚的であろう

  • 明治大学 文学部 専任講師
  • 伊藤 愉
目標とする方のスキルを吸収し、飛躍につなげよう

2022.7.14

目標とする方のスキルを吸収し、飛躍につなげよう

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 中村 和幸
属する組織の始まりに思いを馳せてみよう

2022.7.7

属する組織の始まりに思いを馳せてみよう

  • 明治大学 経営学部 教授
  • 石津 寿恵

新着記事

2022.08.19

「ゆすりは自由な取引?」非常識な問いかけが常識を進歩させる

2022.08.09

自分を活かせるライフワークを見つけよう

2022.08.05

KAMの導入によって企業と環境変化が理解できる

2022.08.01

ボルボ・カー・ジャパンのトップと語る 自動車業界の未来とブランディングの重要性

2022.07.28

自由に取り組んで、自ら学ぶ力を得よう

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

3

2018.11.06

#2 日本政府の借金はなぜこんなに膨らんだの?

4

2019.02.13

現代人が取り戻せず、潜伏キリシタンが250年間失わなかったもの

5

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

連載記事