明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

#2 一般のスポーツドリンクに効果はある?

明治大学 商学部 教授 浅賀宏昭

ほとんどのスポーツドリンクは競技で勝つ目的でつくられていない

食品のパッケージなどに表示されている「原材料名」には、聞き慣れない化学物質の名前が並んでいることが多いので、わかりにくいと感じている人も多いでしょう。しかし、覚えておくと見方が大きく変わるポイントがありますので、それをお話ししましょう。原材料名の表示の順序の原則です。

原材料名はいい加減に並べられているのではありません。原則として、大量に使われているものほど先に表示されているのです。つまり、その原材料が何番目に表示されているかで、配合の多少が推測できるのですね。例えば、一般のスポーツドリンクのうち、筋肉の保護や再生などに寄与する機能で知られる分岐鎖アミノ酸のイソロイシン、バリン、ロイシンなどが含まれている商品です。これら分岐鎖アミノ酸は、最後に記されていることが多いのではないでしょうか。高価な原材料のため、少ししか配合されていないためです。一方、筋肉維持に役立ち、歩く力をサポートとはっきりとうたっている機能性表示食品扱いの商品では、ロイシンが多く配合されているため、前の方に記されています。

また、一般のスポーツドリンクの場合は、先ず、糖分として「果糖ブドウ糖液糖」もしくは「ブドウ糖果糖液糖」が表示されているかもしれません。これは、砂糖を加水分解して果糖とブドウ糖の混合物に変えたもので、砂糖より少量で同等の甘みが得られるため、低コストかつ低カロリーにできるメリットがあります。しかし実は、果糖は肝臓で脂肪に変換されやすく、エネルギー源にはなりにくい特徴があるのです。つまり、スポーツ時に飲むことを考えればブドウ糖だけの方がより機能的なのですが、甘味が低下する、あるいは製造コストがかかるなどの理由で、避けているのだと思われます。「果糖ブドウ糖液糖」と「ブドウ糖果糖液糖」の表示の違いもあります。この場合も先に記されている方が量的に多いので、エネルギーを速やかに補給したいなら、「ブドウ糖果糖液糖」表示のものを選ぶべきでしょう。

ここまでお話してきたことからもわかるように、いわゆるスポーツドリンクの商品は、それらのほとんどが競技で勝つことを第一の目的として成分が調整されたものではありません。要するに、健康のために(体脂肪を減らそうと思って)スポーツをする一般人に訴求性の高い商品としてデザインされているということです。競技で本気で勝ちたいと思っている人は、スポーツドリンクを手作りしたり、市販のものに成分を足したりした方が良いかもしれません。マラソンのスペシャルドリンクがそのいい例でしょう。

ですから、スポーツをする時に、市販の一般向けスポーツドリンクでいいのか、保健機能食品のドリンクを選ぶべきか、あるいは自分で工夫したものを飲むかは、目的次第で変えることも考えた方が良いかもしれません。そして判断の材料は、食品の表示の「原材料名」欄から読み取れることがあるということです。

次回は、食品の成分が身体に機能する仕組みの例について紹介します。

#1 トクホって、何がすごいの?
#2 一般のスポーツドリンクに効果はある?
#3 カルニチンを摂ればやせられる?
#4 ビタミンEはたくさん摂れば効果も大きい?
#5 トレハロースが人類の夢をかなえる?
#6 コラーゲンはやっぱり身体に効く?

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

家庭・生活の関連記事

#5 社会が変わらなければ育児も変わらない?

2017.10.17

#5 社会が変わらなければ育児も変わらない?

  • 明治大学 商学部 教授
  • 藤田 結子
#4 育児支援サービスに頼っても良い?

2017.10.13

#4 育児支援サービスに頼っても良い?

  • 明治大学 商学部 教授
  • 藤田 結子
#3 育児のために定時で帰れるようになる?

2017.10.10

#3 育児のために定時で帰れるようになる?

  • 明治大学 商学部 教授
  • 藤田 結子
#2 父親が育児をすると子どもの能力が高まる?

2017.10.6

#2 父親が育児をすると子どもの能力が高まる?

  • 明治大学 商学部 教授
  • 藤田 結子
#1 育児をする妻はイライラするもの?

2017.10.3

#1 育児をする妻はイライラするもの?

  • 明治大学 商学部 教授
  • 藤田 結子

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.09.18

世界遺産に登録された日本の古墳には、世界に誇れる特異性がある

2019.09.11

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

2019.09.04

グローバル化による「組織パラドックス」をマネジメントするには

2019.08.28

アフリカへの協力から日本経済の将来を考える

2019.08.21

地方自治の権限の拡大によって、現代型民主主義は進化する

人気記事ランキング

1

2019.09.11

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

2

2019.04.24

子どもに会うための共同親権制度では本末転倒

3

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

4

2019.09.18

世界遺産に登録された日本の古墳には、世界に誇れる特異性がある

5

2019.02.20

「フェイクニュース」は「嘘ニュース」のことではない

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム