明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

#2 父親が育児をすると子どもの能力が高まる?

藤田 結子 藤田 結子 明治大学 商学部 教授

父親が育児をすると子どもの非認知能力が高まるというデータがある。

実は、男性が育児をするメリットは、妻のためばかりではなく、子どもにとっても良いという研究結果があります。母親ひとりで育てるよりも、父親が育児をすると、子どものボキャブラリーが増えたり、いま話題の非認知能力が養われるというのです。非認知能力とは、社交性とか、自尊心、忍耐力などの能力で、IQ(知能)よりも、将来の社会的成功に結びつきやすい能力といわれています。もちろん、子どもの能力を高めることだけが育児の目的ではありませんが、あまりにも父親と接する機会のなかった子どもは、大人になっても、年上の男性との接し方がわからず、怖がるという例もあります。本学でも、同世代の男子や女性の教員とは普通に喋っているのに、就活の際、年上の男性の前では上手く喋れなかった、という男子学生の話を聞きます。育児における父親の不在が関係しているのではないかと思います。

最近の若い男性は、育児に積極的だといいます。実際、アンケートを取ると、男性も育児をするべきと答える男性がとても多くなっています。しかし、休日には5~6割の男性が育児をやっているものの、平日は約3割です。しかも、時間でみると、平均して1日約30分ほどです。これでは、やっていると言いながら大してやっていない、という妻の不満の声が聞こえてきそうです。しかし、労働時間の長い日本で、男性が平日にも育児をするのは大変なことでしょう。ときには、妻は感謝の言葉を言うことも必要です。そうした気持ちと言葉で、夫の育児をする時間が増えていくこともあります。もちろん、夫も、育児に頑張る妻に感謝の言葉を言いましょう。育児は協力してするものなのですから。複数の人の手で育てた方が能力の高い子に育つというのは、当然のことなのです。

次回は、育児について会社の理解を得る方法について紹介します。

#1 「育児をする妻はイライラするもの?
#2 父親が育児をすると子どもの能力が高まる?
#3 育児のために定時で帰れるようになる?
#4 育児支援サービスに頼っても良い?
#5 社会が変わらなければ育児も変わらない?

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

挑戦することで自らも社会も“進化”させよう

2021.9.16

挑戦することで自らも社会も“進化”させよう

  • 明治大学 商学部 教授
  • 水野 誠
人生を通して、夢中になるものを見つけよう

2021.9.9

人生を通して、夢中になるものを見つけよう

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 特任准教授
  • 宮川 渉
哲学の世界観に触れ、発想の引き出しを増やそう

2021.9.7

哲学の世界観に触れ、発想の引き出しを増やそう

  • 明治大学 文学部 教授
  • 志野 好伸
相手を信頼してまかせられるような関係性を作ろう

2021.9.2

相手を信頼してまかせられるような関係性を作ろう

  • 明治大学 政治経済学部 専任講師
  • 碇 陽子
“好き”の理由を再認識して、新発見に繋げよう

2021.8.31

“好き”の理由を再認識して、新発見に繋げよう

  • 明治大学 農学部 教授
  • 川上 直人

新着記事

2021.09.22

考古学の新たなロマンを生み出す数理科学

2021.09.16

挑戦することで自らも社会も“進化”させよう

2021.09.15

プロ野球の熱狂は人になにをもたらすのか

2021.09.09

人生を通して、夢中になるものを見つけよう

2021.09.08

音楽が魅力的で面白いのは、音楽は複数形だから

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2021.09.22

考古学の新たなロマンを生み出す数理科学

3

2019.10.23

渋沢栄一に学ぶ、多様な立場、多様な経験を活かす生き方

4

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

5

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

リレーコラム