明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

#2 父親が育児をすると子どもの能力が高まる?

明治大学 商学部 教授 藤田 結子

父親が育児をすると子どもの非認知能力が高まるというデータがある。

実は、男性が育児をするメリットは、妻のためばかりではなく、子どもにとっても良いという研究結果があります。母親ひとりで育てるよりも、父親が育児をすると、子どものボキャブラリーが増えたり、いま話題の非認知能力が養われるというのです。非認知能力とは、社交性とか、自尊心、忍耐力などの能力で、IQ(知能)よりも、将来の社会的成功に結びつきやすい能力といわれています。もちろん、子どもの能力を高めることだけが育児の目的ではありませんが、あまりにも父親と接する機会のなかった子どもは、大人になっても、年上の男性との接し方がわからず、怖がるという例もあります。本学でも、同世代の男子や女性の教員とは普通に喋っているのに、就活の際、年上の男性の前では上手く喋れなかった、という男子学生の話を聞きます。育児における父親の不在が関係しているのではないかと思います。

最近の若い男性は、育児に積極的だといいます。実際、アンケートを取ると、男性も育児をするべきと答える男性がとても多くなっています。しかし、休日には5~6割の男性が育児をやっているものの、平日は約3割です。しかも、時間でみると、平均して1日約30分ほどです。これでは、やっていると言いながら大してやっていない、という妻の不満の声が聞こえてきそうです。しかし、労働時間の長い日本で、男性が平日にも育児をするのは大変なことでしょう。ときには、妻は感謝の言葉を言うことも必要です。そうした気持ちと言葉で、夫の育児をする時間が増えていくこともあります。もちろん、夫も、育児に頑張る妻に感謝の言葉を言いましょう。育児は協力してするものなのですから。複数の人の手で育てた方が能力の高い子に育つというのは、当然のことなのです。

次回は、育児について会社の理解を得る方法について紹介します。

#1 「育児をする妻はイライラするもの?
#2 父親が育児をすると子どもの能力が高まる?
#3 育児のために定時で帰れるようになる?
#4 育児支援サービスに頼っても良い?
#5 社会が変わらなければ育児も変わらない?

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Hatena

家庭・生活の関連記事

#5 社会が変わらなければ育児も変わらない?

2017.10.17

#5 社会が変わらなければ育児も変わらない?

  • 明治大学 商学部 教授
  • 藤田 結子
#4 育児支援サービスに頼っても良い?

2017.10.13

#4 育児支援サービスに頼っても良い?

  • 明治大学 商学部 教授
  • 藤田 結子
#3 育児のために定時で帰れるようになる?

2017.10.10

#3 育児のために定時で帰れるようになる?

  • 明治大学 商学部 教授
  • 藤田 結子
#1 育児をする妻はイライラするもの?

2017.10.3

#1 育児をする妻はイライラするもの?

  • 明治大学 商学部 教授
  • 藤田 結子
#6 コラーゲンはやっぱり身体に効く?

2017.7.28

#6 コラーゲンはやっぱり身体に効く?

  • 明治大学 商学部 教授
  • 浅賀宏昭

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.09.18

世界遺産に登録された日本の古墳には、世界に誇れる特異性がある

2019.09.11

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

2019.09.04

グローバル化による「組織パラドックス」をマネジメントするには

2019.08.28

アフリカへの協力から日本経済の将来を考える

2019.08.21

地方自治の権限の拡大によって、現代型民主主義は進化する

人気記事ランキング

1

2019.09.11

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

2

2019.09.18

世界遺産に登録された日本の古墳には、世界に誇れる特異性がある

3

2019.04.24

子どもに会うための共同親権制度では本末転倒

4

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

5

2019.02.20

「フェイクニュース」は「嘘ニュース」のことではない

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム