明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

#4 ビタミンEはたくさん摂れば効果も大きい?

明治大学 商学部 教授 浅賀宏昭

サプリメントの形で多めに摂取すると、健康に問題が起きる成分もある

トクホや機能性表示食品などには、摂取量の目安が表示されています。それはさまざまな試験の結果や、信頼性の高い論文に掲載されたエビデンスなどを基に検討されて定められます。

骨粗しょう症の予防や抗酸化作用があるといわれるイソフラボンのサプリメントを、トクホとして認定する際に議論がありました。イタリアでの研究報告から推測した健康影響発現量(1日あたり150mg)の半分を摂取量の上限にしようとしたのですが、これについてです。具体的に言えば、日本で納豆を1日に3パック以上食べている人は、この「上限」を超えた量を摂取している計算になるからです。しかし、納豆好きで健康被害を被った人がいるでしょうか。そう、いないのです。だからもっと多めの量を上限としても良いのではないかと。

そこで、サプリメントの形でイソフラボンを摂ることと、納豆に含まれる良質なタンパク質をはじめとした様々な栄養素や機能性成分とともにイソフラボンを摂ることの違いが議論されたのです。納豆を食べる場合はかさ張るので摂取量「上限」を超えてもたかが知れていますが、サプリメントで摂ろうとすればその数倍もの量までお手軽に摂れてしまいますから、あまり高く設定しない方が良いだろうと最終的に判断されたようです。

ビタミンEも抗酸化作用があり、アンチエイジングに効果的といわれている脂溶性ビタミンの一種です。しかし、これをサプリメントなどで過剰摂取すると、出血リスクが高まるなど、いろいろな問題が起きるという結果が報告されています。これについて、少し詳しく話しましょう。

ビタミンEの抗酸化作用は、ビタミンEが酸化されてビタミンEラジカルになることで発揮されています。実は、これは体内ではビタミンCによってふたたびビタミンEに戻るのです。ここでビタミンCが無かったらどうなるか考えてみてください。そう、ビタミンEラジカルが溜まってしまいます。そしてこのビタミンEラジカルは、ビタミンEとしての機能が無いだけではなく、周囲にトラブルを引き起こす可能性すらあります。ですから、ビタミンEはサプリメントでそれだけをとるのではなく、良質の植物油やアーモンドなどのナッツ類と野菜を組み合わせたサラダなどで摂ることが良いのです。ビタミンCなどとともにバランスよく摂れますから。

また、水溶性の成分は摂り過ぎても体外に排出されやすいため、問題が起こることは稀ですが、ビタミンEやビタミンAのように油にしか溶けない脂溶性成分は、過剰分の排出が難しく体内に溜まりやすいということもあります。実際に、ビタミンEの大量摂取をすると寿命が縮まるという例の報告もあります。一般の食品で摂っていれば、摂り過ぎにもなりにくいでしょうから、ビタミンEはそれだけをサプリメントで摂るよりも、普段の食事で摂っていくことが理想だと思います。

次回は、いま注目の夢の成分トレハロースについて紹介します。

#1 トクホって、何がすごいの?
#2 一般のスポーツドリンクに効果はある?
#3 カルニチンを摂ればやせられる?
#4 ビタミンEはたくさん摂れば効果も大きい?
#5 トレハロースが人類の夢をかなえる?
#6 コラーゲンはやっぱり身体に効く?

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

家庭・生活の関連記事

#5 社会が変わらなければ育児も変わらない?

2017.10.17

#5 社会が変わらなければ育児も変わらない?

  • 明治大学 商学部 教授
  • 藤田 結子
#4 育児支援サービスに頼っても良い?

2017.10.13

#4 育児支援サービスに頼っても良い?

  • 明治大学 商学部 教授
  • 藤田 結子
#3 育児のために定時で帰れるようになる?

2017.10.10

#3 育児のために定時で帰れるようになる?

  • 明治大学 商学部 教授
  • 藤田 結子
#2 父親が育児をすると子どもの能力が高まる?

2017.10.6

#2 父親が育児をすると子どもの能力が高まる?

  • 明治大学 商学部 教授
  • 藤田 結子
#1 育児をする妻はイライラするもの?

2017.10.3

#1 育児をする妻はイライラするもの?

  • 明治大学 商学部 教授
  • 藤田 結子

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.09.11

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

2019.09.04

グローバル化による「組織パラドックス」をマネジメントするには

2019.08.28

アフリカへの協力から日本経済の将来を考える

2019.08.21

地方自治の権限の拡大によって、現代型民主主義は進化する

2019.08.07

生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

人気記事ランキング

1

2019.09.11

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

2

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

3

2017.12.06

ネット依存によって、現代人の脳の構造が変わりつつある!?

4

2017.03.15

「沖縄振興予算」という呼称が、誤解を招いている

5

2019.04.24

子どもに会うための共同親権制度では本末転倒

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム