明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

#1 育児をする妻はイライラするもの?

藤田 結子 藤田 結子 明治大学 商学部 教授

1日でも、仕事と育児の両方をやってみればわかる。

私は、自分が専門とする、対象者の生活を一緒に体験しながら観察するエスノグラフィーを用い、ひとりで育児を担う「ワンオペ育児」の母親の調査を行い、新聞に寄稿などをしています。すると、育児経験のある女性たちからは賛同の声をいただき、男性たちからは反論をいただくことがあります。男性には、育児をしたくても長時間労働でこっちもヘトヘトなんだとか、懸命に仕事をして家族を養っているのだ、家庭のこと、育児のことぐらい、女性が担うのは当然だろう、という思いがあります。確かに、そういう状況もあると思います。でも、近年は共働き夫婦が増えています。収入を増やしてより豊かな生活をするため、妻が仕事を生きがいにしているため、あるいは、共働きでなければ生活自体が成り立たないこともあります。それでも、育児は女性がするものという性別役割分業意識だけで、妻に育児が任されているとしたら、ちょっとおかしくないでしょうか。実は、おかしいどころの状況ではないのです。外で仕事、家に帰って育児、この両方をこなすためにヘトヘトになり、体力の限界で倒れたり、ストレスで精神がまいってしまう女性が増えているのです。育児を妻に任せている男性の方、振り返ってみてください。妻は、出産する前と変わらないでしょうか。体調が悪かったり、イライラしていたり、わがままに見える言動が増えたり…。俺だって仕事で疲れているのだ、と思うのもわかりますが、なぜ、妻がそうなっているのかも考えてみてください。できれば、1日でも仕事と育児の両方をやってみてください。妻がヘトヘトになる大変さがわかると思います。妻は、それを産休明けからずっと、毎日ひとりで繰り返しているのです。妻が倒れたり、ノイローゼになる前に、育児を協力して行う方が良いと思いませんか。

次回は、父親が育児をする効果について紹介します。

#1 育児をする妻はイライラするもの?
#2 父親が育児をすると子どもの能力が高まる?
#3 育児のために定時で帰れるようになる?
#4 育児支援サービスに頼っても良い?
#5 社会が変わらなければ育児も変わらない?

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

挑戦することで自らも社会も“進化”させよう

2021.9.16

挑戦することで自らも社会も“進化”させよう

  • 明治大学 商学部 教授
  • 水野 誠
人生を通して、夢中になるものを見つけよう

2021.9.9

人生を通して、夢中になるものを見つけよう

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 特任准教授
  • 宮川 渉
哲学の世界観に触れ、発想の引き出しを増やそう

2021.9.7

哲学の世界観に触れ、発想の引き出しを増やそう

  • 明治大学 文学部 教授
  • 志野 好伸
相手を信頼してまかせられるような関係性を作ろう

2021.9.2

相手を信頼してまかせられるような関係性を作ろう

  • 明治大学 政治経済学部 専任講師
  • 碇 陽子
“好き”の理由を再認識して、新発見に繋げよう

2021.8.31

“好き”の理由を再認識して、新発見に繋げよう

  • 明治大学 農学部 教授
  • 川上 直人

新着記事

2021.09.16

挑戦することで自らも社会も“進化”させよう

2021.09.15

プロ野球の熱狂は人になにをもたらすのか

2021.09.09

人生を通して、夢中になるものを見つけよう

2021.09.08

音楽が魅力的で面白いのは、音楽は複数形だから

2021.09.07

哲学の世界観に触れ、発想の引き出しを増やそう

人気記事ランキング

1

2021.09.15

プロ野球の熱狂は人になにをもたらすのか

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

4

2021.09.08

音楽が魅力的で面白いのは、音楽は複数形だから

5

2018.06.06

グロテスクを含み、周囲を侵食する「かわいい」は、日本の美意識の…

リレーコラム