明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

演劇的に生きよう ―SNSに閉じこもってしまうなんてもったいない―

井上 優 井上 優 明治大学 文学部 准教授

社会は巨大な劇場である

井上優 准教授 人間は、生きている限り、言語や行為を通じて自分の思いを発信し、それを誰かが受信し、解釈し、そして改めて発信することという連鎖を繰り返していて、その連鎖が社会を形成しているとも言えます。それは演者と観客の創り出す「舞台」という空間と、共通するところが多いと思いませんか。俳優の舞台上での行為が今の連鎖をなぞるのは言うまでもないですが、劇場という空間の中で演者と観客との間でも同じような〈交流〉があるのです。
私の研究テーマは、近代以降、シェイクスピアの上演がさまざまな社会の中でどのように展開してきたかを探るというものです。シェイクスピアの劇作品は、もちろん読み物としてみると作品として固定され、変化がないように見えますが、いざ舞台にかけるとなると、社会や環境が異なると、演じ方、表現の仕方が変わっていくことが避けられません。
私は、そのように、いわば、社会という巨大な舞台でその中の「劇中劇」ともいうべきシェイクスピアの舞台が、どのように変化してきたのかを分析しています。その作業を通じて、地域性や時代性があぶり出せるのです。
特に「演出家の時代」とも言われる20世紀には、さまざまな演出家によって多様な演出が行われるようになります。シェイクスピアの世界も大きく急速に広がってきました。その背景には、もちろん、音響や照明などの舞台機構の発展があったことは確かですが、一方では、固定されたテクストにさまざまな解釈をほどこし再構成することの面白さを社会が発見したからでもあるのです。その一連の過程には、演出という作業と社会の変容の、絶え間のない連動が見いだせます。
シェイクスピア公演の変遷を追う視線を持つということは、舞台を取り巻く社会、社会と個の関係性などを捉える可能性を持つということでもあるわけです。演劇を観るということを通じて、目の前の舞台以外のいろいろなものが見えてくるわけです。

社会・ライフの関連記事

パンデミックを人類史と政治から見ると、見えてくるのは…

2021.7.14

パンデミックを人類史と政治から見ると、見えてくるのは…

  • 明治大学 政治経済学部教授
  • 重田 園江
「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

2021.6.21

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

  • 明治大学 法学部 特任教授(2021年3月退任)
  • 森際 康友
違憲判決を社会に活かすために必要なのは

2021.6.16

違憲判決を社会に活かすために必要なのは

  • 明治大学 法学部 准教授
  • 辻 雄一郎
人と機械の関わり方から、人と人のコミュニケーションを考える

2021.6.9

人と機械の関わり方から、人と人のコミュニケーションを考える

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 小林 稔
再生可能エネルギーを当たり前にするために必要なこと

2021.6.2

再生可能エネルギーを当たり前にするために必要なこと

  • 明治大学 総合数理学部 准教授
  • 浦野 昌一

新着記事

2021.07.27

新たな視点で社会や物事を捉えよう

2021.07.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

2021.07.15

これまでの人生を振り返り、初心を思い出そう

2021.07.14

パンデミックを人類史と政治から見ると、見えてくるのは…

2021.07.13

相手への期待を込めた指導で、成長を促そう

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

3

2021.07.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

4

2020.06.10

書店が本の価格を決めたら、本はもっと売れる!?

5

2019.11.08

#1 日本のアニメはいつから世界で人気になったの?

リレーコラム