明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

文学が告げる自我の変遷。閉じた世界へ内向する「私」の行方

明治大学 文学部 准教授 伊藤 氏貴

近代藝術の中心としての自我

伊藤氏貴准教授 近代藝術の最大の特徴は「私」にあったといってよいでしょう。かつて音楽や美術、文学は神を表現するための宗教的な領域に属するものであり、作者が誰であるかということさえ、さして重要なことではありませんでした。それが近代に入ってから「私」や「個性」というテーマが大きく浮上することになります。
 「本当の自分を見てもらいたい」「自分のすべてを受け入れてもらいたい」といった感情や衝動を、音や絵画、舞踊あるいは言語で表現する。それが近代の藝術であったといえます。
 たとえば日本の近代文学では「告白」という形式がひとつの大きな流れを作っていました。言語を使って自分の内部を顧みる。自己を省察し、「本当の自分」が何であるかを吟味する。自分のことをありのままに描く。これは今日にいたるまで「私小説」としてその命脈を保っています。
 しかし、「本当の自分」や自分の「内面」など、そもそも把握が不可能なものです。むしろ「告白」は、まさにその「告白」という行為によって「本当の自分」というものをねつ造する装置であったといえるでしょう。三島由紀夫はそうした事情を熟知しており、「仮面の告白」は、そのような作り出された内面=「仮面」が「告白」する小説、という形態をとっています。
 1980年代、日本ではポストモダンが流行しました。「私」なるものを中心とする近代の文学は終わるだろう、と当時誰もが思っていました。しかし、それから30年を経た今でもなお、「私」は文学の中心的なテーマであり続けています。

社会・ライフの関連記事

「自己責任」を押しつける社会に多様性はあるのか

2020.2.12

「自己責任」を押しつける社会に多様性はあるのか

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 教授
  • 宮本 真也
運動は身体だけでなく頭の健康寿命ものばす

2020.2.5

運動は身体だけでなく頭の健康寿命ものばす

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 加納 明彦
美術品の価格が分かると、国の文化度が上がる!?

2020.1.29

美術品の価格が分かると、国の文化度が上がる!?

  • 明治大学 専門職大学院 会計専門職研究科 教授
  • 池上 健
自殺未遂者の再度の自殺を防ぐ有効な支援プログラムがある

2020.1.15

自殺未遂者の再度の自殺を防ぐ有効な支援プログラムがある

  • 明治大学 文学部 専任講師
  • 川島 義高
医師の労働時間の改善が、より豊かな医療の実現に繋がる!?

2019.12.11

医師の労働時間の改善が、より豊かな医療の実現に繋がる!?

  • 明治大学 経営学部 専任講師
  • 早川 佐知子

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

新聞広告連動企画

新着記事

2020.02.19

人型ロボット、ヒューマノイドが私たちを救う!!

2020.02.12

「自己責任」を押しつける社会に多様性はあるのか

2020.02.05

運動は身体だけでなく頭の健康寿命ものばす

2020.01.29

美術品の価格が分かると、国の文化度が上がる!?

2020.01.22

軽い!強い!錆びない!次世代構造材CFRPの用途を広げる

人気記事ランキング

1

2020.02.12

「自己責任」を押しつける社会に多様性はあるのか

2

2019.01.16

自動作曲システム「Orpheus」は将来の芸術分野のひとつになる

3

2019.03.27

高校で必修となる「地理」は、もう暗記教科ではない楽しさがある

4

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

5

2020.02.19

人型ロボット、ヒューマノイドが私たちを救う!!

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム