明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

文学が告げる自我の変遷。閉じた世界へ内向する「私」の行方

明治大学 文学部 准教授 伊藤 氏貴

近代藝術の中心としての自我

伊藤氏貴准教授 近代藝術の最大の特徴は「私」にあったといってよいでしょう。かつて音楽や美術、文学は神を表現するための宗教的な領域に属するものであり、作者が誰であるかということさえ、さして重要なことではありませんでした。それが近代に入ってから「私」や「個性」というテーマが大きく浮上することになります。
 「本当の自分を見てもらいたい」「自分のすべてを受け入れてもらいたい」といった感情や衝動を、音や絵画、舞踊あるいは言語で表現する。それが近代の藝術であったといえます。
 たとえば日本の近代文学では「告白」という形式がひとつの大きな流れを作っていました。言語を使って自分の内部を顧みる。自己を省察し、「本当の自分」が何であるかを吟味する。自分のことをありのままに描く。これは今日にいたるまで「私小説」としてその命脈を保っています。
 しかし、「本当の自分」や自分の「内面」など、そもそも把握が不可能なものです。むしろ「告白」は、まさにその「告白」という行為によって「本当の自分」というものをねつ造する装置であったといえるでしょう。三島由紀夫はそうした事情を熟知しており、「仮面の告白」は、そのような作り出された内面=「仮面」が「告白」する小説、という形態をとっています。
 1980年代、日本ではポストモダンが流行しました。「私」なるものを中心とする近代の文学は終わるだろう、と当時誰もが思っていました。しかし、それから30年を経た今でもなお、「私」は文学の中心的なテーマであり続けています。

社会・ライフの関連記事

物に「痛い!」と言ってもらえる!?非破壊検査技術AE法

2018.12.19

物に「痛い!」と言ってもらえる!?非破壊検査技術AE法

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 松尾 卓摩
行政はなぜ必要?なくては困るが、甘えすぎも要注意!

2018.12.12

行政はなぜ必要?なくては困るが、甘えすぎも要注意!

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 西村 弥
あなたが住む家は、あなたを地震から守ってくれますか

2018.11.21

あなたが住む家は、あなたを地震から守ってくれますか

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 平石 久廣
IPOバブルは金融リテラシー欠如の表れ!?

2018.11.7

IPOバブルは金融リテラシー欠如の表れ!?

  • 明治大学 商学部 教授
  • 萩原 統宏

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2018.12.19

物に「痛い!」と言ってもらえる!?非破壊検査技術AE法

2018.12.12

行政はなぜ必要?なくては困るが、甘えすぎも要注意!

2018.12.05

明治維新には、多くの“西郷どん”たちの必死の努力の集約がある

2018.11.28

パリ・コレに見る、「一流ブランド」の真価

2018.11.21

あなたが住む家は、あなたを地震から守ってくれますか

人気記事ランキング

1

2017.03.15

「沖縄振興予算」という呼称が、誤解を招いている

2

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

3

2018.12.12

行政はなぜ必要?なくては困るが、甘えすぎも要注意!

4

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

5

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム