明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

Meiji.net 探していた、答えがある。

プロフィール

伊藤 氏貴
教育・研究テーマと関連するSDGsの達成目標に向けて取り組んでいます。

伊藤 氏貴

明治大学 文学部 准教授

研究分野
文芸メディア専攻、現代における文藝思潮
研究テーマ
いわゆる「文学の終焉」と「藝術の終焉」とのかかわりはどこにあるのか。
そしてそこに「自我の終焉」がどう関係するのか。
【キーワード】アイデンティティの終焉、藝術の終焉、恋愛の終焉
主な著書・論文
  • 『美の日本 「もののあはれ」から「かわいい」まで』明治大学出版会 2018
  • 『名作は隠れている』(共著)ミネルヴァ書房 2009
  • 「自我からの逃走ー現代文学における〈私〉とは」『文學界 2007年4月号』文藝春秋 「〈告白〉の誘惑」『文藝別冊 総特集 三島由紀夫』 2005
  • 「一葉—その視線の圏域」『国文学 解釈と教材の研究 2004年8月号』學燈社
  • 『告白の文学』 鳥影社 2002
  • 『「他者の在処ー芥川の言語論」『群像 2002年6月号』講談社

執筆記事

執筆者一覧

新着記事

2021.08.03

一人ひとりの適性を見極めた指導を心がけよう

2021.07.30

人が言葉を話せるのは当たり前、ということからわかること

2021.07.27

新たな視点で社会や物事を捉えよう

2021.07.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

2021.07.15

これまでの人生を振り返り、初心を思い出そう

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2021.07.30

人が言葉を話せるのは当たり前、ということからわかること

3

2021.07.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

4

2017.07.05

生まれる子の福祉を第一に考えて、生殖補助医療法の早期制定を!

5

2015.02.01

公共政策から社会問題を考える ―物事を相対化し、多角的に考えるこ…

リレーコラム