明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

Meiji.net 探していた、答えがある。

プロフィール

伊藤 氏貴

伊藤 氏貴

明治大学 文学部 准教授

研究分野
文芸メディア専攻、現代における文藝思潮
研究テーマ
いわゆる「文学の終焉」と「藝術の終焉」とのかかわりはどこにあるのか。
そしてそこに「自我の終焉」がどう関係するのか。
【キーワード】アイデンティティの終焉、藝術の終焉、恋愛の終焉
主な著書・論文
  • 『美の日本 「もののあはれ」から「かわいい」まで』明治大学出版会 2018
  • 『名作は隠れている』(共著)ミネルヴァ書房 2009
  • 「自我からの逃走ー現代文学における〈私〉とは」『文學界 2007年4月号』文藝春秋 「〈告白〉の誘惑」『文藝別冊 総特集 三島由紀夫』 2005
  • 「一葉—その視線の圏域」『国文学 解釈と教材の研究 2004年8月号』學燈社
  • 『告白の文学』 鳥影社 2002
  • 『「他者の在処ー芥川の言語論」『群像 2002年6月号』講談社

執筆記事

執筆者一覧

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.08.07

生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

2019.07.24

使い心地の良い道具は、道具ではなくなる

2019.07.17

フランス人はなぜデモを続けるのか

2019.07.10

男か女かハッキリしたがる/させたがる不思議

人気記事ランキング

1

2015.10.21

うつ病の対処に必要な「援助希求」という能力

2

2019.08.07

生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

3

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

4

2017.01.24

#1 少子高齢化が進むと社会はどうなる?

5

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム