明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

男か女かハッキリしたがる/させたがる不思議

佐々木 掌子 佐々木 掌子 明治大学 文学部 准教授

>>英語版はこちら(English)

最近、LGBTという言葉や、性同一性障害という言葉をマスメディアなどでも目にする機会が増えました。性の多様性に対する理解が進んでいると思われる一方、国会議員が同性愛者を差別する言動を起こしたりもしています。その根底には、依然として、性の多様性に対する誤解や偏見があるからではないでしょうか。臨床心理学を研究する佐々木掌子先生にお話をお聞きしました。

6歳の子でも悩まされる性別と性役割

15才以下のLGBTかもしれない子どもと保護者の交流会「にじっこ」を共同主催している
15才以下のLGBTかもしれない子どもと保護者の交流会
「にじっこ」を共同主催している

 私は臨床心理学の立場で、ジェンダーに関するカウンセリング等を行っていますが、中には、まだ小学生なのに「死んじゃいたい」と述べる事例もあります。

 スカートをはきたがったり、可愛らしいものを好んだりする男の子に対して、周りの子が「女みたい」とか、「オカマ」と揶揄することはよくみられます。

 揶揄している子たちは、それがそんなに酷い言葉だとは思っていません。みんなと違う様子であったり、違うことをする子に目がいき、それを指摘する言葉として「オカマ」と言ったり、あるいは、その違いをちょっとからかう程度の気持ちで「女みたい」と言って笑うのでしょう。あるいは、「男なの?女なの?どっちなの?」と不思議でたまらないという様子で、何度も何度も聞いてくるということもよくありますね。

 でも、言われた子はすごく悩みます。着たいと思う服を着たり、好きなものを持ったりしているだけなのに、それを否定的に見られることに驚き、自分がいけないのか、自分が間違っているのかと、戸惑い、不安になるのです。そして、男か女かどちらかに決めなくてはならないという思いも強くします。

 どうして、こういうことが起きるのでしょう。人は生まれると、保護者はもちろん、テレビやゲーム、外にいるいろんな大人たちなど、周囲から様々なことを学習していきます。その中でも、性別に関することは特別なしつけを受けなくても、間接的に観察するだけでもどんどん学習が進みます。

 5歳くらいの子どもは、非常にリジットな(硬直した)理解をするといわれています。男の子はこうである、女の子はこうであるという、二分化した思考です。それは、まだ脳が発達途中のため、複雑な認知が難しく、右か左か、○か×か、黒か白かと、物事を2つに分けると、とても理解しやすいからです。

 ズボンをはくのは男の子、スカートをはくのは女の子、という性別での紐づけができると、そこから逸脱するものはおかしいもの、変なものになります。しかも、それは笑ったり、気持ち悪がったりしても良いのです。なぜなら、大人がそうしているのを学習しているからです。

 ピンク色のものは女の子のものという二分化思考から、ピンク色のものを持つことを頑なに拒むような男の子がいるのは至極当然でしょう。笑われたら困るからです。「男とはこういうものである」という縛りは、ごくごく小さいうちから始まっています。

 こうした子どもたちの状況を、大人である私たちは、まだ幼い子どものことだからとか、成長すれば認知能力が高まって二分化思考をしなくなり、多様性を理解できるようになるので大丈夫、などと言っていられるでしょうか。

社会・ライフの関連記事

建築シミュレーションで安心と快適を見える化する

2021.3.3

建築シミュレーションで安心と快適を見える化する

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 樋山 恭助
なにを得るために個人の情報をやり取りするのか?

2021.2.3

なにを得るために個人の情報をやり取りするのか?

  • 明治大学 商学部 教授
  • 福田 康典
動物の移動や行動がわかると、効果的な環境保全もわかってくる

2021.1.13

動物の移動や行動がわかると、効果的な環境保全もわかってくる

  • 明治大学 研究・知財戦略機構 特任准教授
  • 山本 誉士
農村には「なにか」ある

2020.12.16

農村には「なにか」ある

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 藤本 穣彦

新着記事

2021.04.14

先住民族が滅びる民というなら、先に滅びるのはきっと私たち

2021.04.07

地球の姿とその進化を知ると、人類の進むべき方向がよりよく見えてくる

2021.03.31

先端医療に貢献するものづくりは、汗の結晶!?

2021.03.24

農作物の被害を減らす最新技術は植物自体から学んだもの

2021.03.17

デジタル機器に欠かせない透明導電膜の作製技術を自然界に学ぶ

人気記事ランキング

1

2020.12.16

農村には「なにか」ある

2

2019.03.27

高校で必修となる「地理」は、もう暗記教科ではない楽しさがある

3

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

4

2021.04.07

地球の姿とその進化を知ると、人類の進むべき方向がよりよく見えて…

5

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

リレーコラム