明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

男か女かハッキリしたがる/させたがる不思議

佐々木 掌子 佐々木 掌子 明治大学 文学部 准教授

オルタナティブな性別表記

 先ほど、子どもの話の中で、性別のことを揶揄された子が、「男か女かどちらかに決めなくてはならない」という思いを強くすることがあるといいました。

 この、「男女どちらかに決めなければいけない」という考えを公的に否定した国もあります。例えば、ニュージーランド、オーストラリア、オランダ、カナダ、インド、ネパールなどは、パスポートのような公的な証明書に、男女以外の性別欄を設けるようになっています。日本では、男性とも女性とも自らを規定しない在り方を「Xジェンダー」と呼びならわし、そうしたアイデンティティを持つ人たちもいます。日本でもようやく、公的な書類でも性別の確認が不必要な場合は、性別欄そのものをなくす自治体が出てきていますが、はっきりとXジェンダーという性別欄を設けている自治体はまだありません。

 二つに分割できないものを無理矢理二つに分けてきた社会や制度の在り方には、もはやひずみが出てきています。理解しやすいから二つに分けるという原始的な認知で止まらずに、複雑な現象であるという事実をしっかりと受け止め、そうした認識に基づく制度設計が必要だと思います。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

社会・ライフの関連記事

原発問題とは、エネルギー問題だけを意味しない

2022.5.18

原発問題とは、エネルギー問題だけを意味しない

  • 明治大学 法学部 教授
  • 勝田 忠広
木賃アパートには、未来社会を構築するヒントがある

2022.5.11

木賃アパートには、未来社会を構築するヒントがある

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 連 勇太朗
サステイナブルな社会になるために必要な「評価」とは?

2022.4.22

サステイナブルな社会になるために必要な「評価」とは?

  • 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 教授
  • 源 由理子
熊本県産アサリ、産地偽装問題の一番の被害者は熊本県!?

2022.3.23

熊本県産アサリ、産地偽装問題の一番の被害者は熊本県!?

  • 明治大学 名誉教授(元専門職大学院 法務研究科教授)
  • 高倉 成男
国が「してくれないこと」はあきらめるしかないのか?

2022.3.4

国が「してくれないこと」はあきらめるしかないのか?

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 准教授
  • 清水 晶紀

新着記事

2022.06.28

コミュニケーションを第一に、家族を大切にしよう

2022.06.22

ゲームのスキルは、その子の「資本」になる

2022.06.21

地道でも “源”から、理解するようにしよう

2022.06.17

アインシュタインはいかにしてアインシュタインになったのか

2022.06.16

知の探索と深化の“両利き”で強みをさらに磨こう

人気記事ランキング

1

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2022.06.22

ゲームのスキルは、その子の「資本」になる

4

2021.12.15

使い捨て文化にはない豊かさがある、日本の漆器の文化

5

2022.02.10

西欧でも関心が高まる、私たちが知らなかったイスラム教の魅力

連載記事