明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

男か女かハッキリしたがる/させたがる不思議

明治大学 文学部 准教授 佐々木 掌子

オルタナティブな性別表記

 先ほど、子どもの話の中で、性別のことを揶揄された子が、「男か女かどちらかに決めなくてはならない」という思いを強くすることがあるといいました。

 この、「男女どちらかに決めなければいけない」という考えを公的に否定した国もあります。例えば、ニュージーランド、オーストラリア、オランダ、カナダ、インド、ネパールなどは、パスポートのような公的な証明書に、男女以外の性別欄を設けるようになっています。日本では、男性とも女性とも自らを規定しない在り方を「Xジェンダー」と呼びならわし、そうしたアイデンティティを持つ人たちもいます。日本でもようやく、公的な書類でも性別の確認が不必要な場合は、性別欄そのものをなくす自治体が出てきていますが、はっきりとXジェンダーという性別欄を設けている自治体はまだありません。

 二つに分割できないものを無理矢理二つに分けてきた社会や制度の在り方には、もはやひずみが出てきています。理解しやすいから二つに分けるという原始的な認知で止まらずに、複雑な現象であるという事実をしっかりと受け止め、そうした認識に基づく制度設計が必要だと思います。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

社会・ライフの関連記事

長生きリスクを、長生きハッピーにするために

2020.5.27

長生きリスクを、長生きハッピーにするために

  • 明治大学 商学部 准教授
  • 藤井 陽一朗
自動運転を実用化するのは新しい技術と、私たちがつくる制度

2020.4.15

自動運転を実用化するのは新しい技術と、私たちがつくる制度

  • 明治大学 国際日本学部 専任講師
  • 田中 絵麻
所有者不明土地の解決策はサブスクリプションにある!?

2020.3.25

所有者不明土地の解決策はサブスクリプションにある!?

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 片野 洋平
幻想的に光る「夜光雲」が地球温暖化のメカニズムを解く

2020.3.18

幻想的に光る「夜光雲」が地球温暖化のメカニズムを解く

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 鈴木 秀彦
公文書の隠蔽や改ざん、忖度。防ぐのは我々のシビリティ

2020.2.26

公文書の隠蔽や改ざん、忖度。防ぐのは我々のシビリティ

  • 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 教授
  • 西出 順郎

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

特別授業

新着記事

2020.07.08

ブランド価値の向上が日本企業の課題

2020.07.01

「経営を見える化」する力が「ビジネス」を変える

2020.06.24

子どもの権利を見落とす/教師の権利も見落とされる「ブラック」な学校

2020.06.17

インテリジェンス研究:安全と権利自由の「両立」をいかにして実現するか

2020.06.10

書店が本の価格を決めたら、本はもっと売れる!?

人気記事ランキング

1

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2020.07.08

ブランド価値の向上が日本企業の課題

4

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

5

2017.06.14

現代の経済学では説明できない!? 縄文時代の持続可能性社会

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム