明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

男か女かハッキリしたがる/させたがる不思議

明治大学 文学部 准教授 佐々木 掌子

オルタナティブな性別表記

 先ほど、子どもの話の中で、性別のことを揶揄された子が、「男か女かどちらかに決めなくてはならない」という思いを強くすることがあるといいました。

 この、「男女どちらかに決めなければいけない」という考えを公的に否定した国もあります。例えば、ニュージーランド、オーストラリア、オランダ、カナダ、インド、ネパールなどは、パスポートのような公的な証明書に、男女以外の性別欄を設けるようになっています。日本では、男性とも女性とも自らを規定しない在り方を「Xジェンダー」と呼びならわし、そうしたアイデンティティを持つ人たちもいます。日本でもようやく、公的な書類でも性別の確認が不必要な場合は、性別欄そのものをなくす自治体が出てきていますが、はっきりとXジェンダーという性別欄を設けている自治体はまだありません。

 二つに分割できないものを無理矢理二つに分けてきた社会や制度の在り方には、もはやひずみが出てきています。理解しやすいから二つに分けるという原始的な認知で止まらずに、複雑な現象であるという事実をしっかりと受け止め、そうした認識に基づく制度設計が必要だと思います。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

社会・ライフの関連記事

遺伝子組み換えが怖いのは、目先の利益で行っていること

2019.7.3

遺伝子組み換えが怖いのは、目先の利益で行っていること

  • 明治大学 農学部 専任講師
  • 島田 友裕
人から、メタボやアレルギー性疾患がなくなる!?

2019.6.26

人から、メタボやアレルギー性疾患がなくなる!?

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 石丸 喜朗
令和元年にあらためて思う、日本人は元号が好きだ

2019.6.12

令和元年にあらためて思う、日本人は元号が好きだ

  • 明治大学 法学部 教授
  • 加藤 徹
「縁」から見える日本の農村の多様性と持続性

2019.6.5

「縁」から見える日本の農村の多様性と持続性

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 服部 俊宏
流行語大賞選びでわかる、日本語のしたたかな柔軟さ

2019.5.15

流行語大賞選びでわかる、日本語のしたたかな柔軟さ

  • 明治大学 文学部 教授
  • 小野 正弘

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.07.17

フランス人はなぜデモを続けるのか

2019.07.10

男か女かハッキリしたがる/させたがる不思議

2019.07.03

遺伝子組み換えが怖いのは、目先の利益で行っていること

2019.06.26

人から、メタボやアレルギー性疾患がなくなる!?

2019.06.19

社会凝集力は偏見も生む。自分をもっと自由に解放してみよう!!

人気記事ランキング

1

2019.07.10

男か女かハッキリしたがる/させたがる不思議

2

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

3

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

4

2019.07.17

フランス人はなぜデモを続けるのか

5

2019.04.24

子どもに会うための共同親権制度では本末転倒

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム