明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

Meiji.net 探していた、答えがある。

プロフィール

佐々木 掌子

佐々木 掌子

明治大学 文学部 准教授

研究分野
臨床心理学、性科学、性心理発達
研究テーマ
多様な性(セクシュアリティ)に対する臨床心理学的支援
【キーワード】ジェンダー、セクシュアリティ、多様性
主な著書・論文
  • 『トランスジェンダーの心理学 ―多様な性同一性の発達メカニズムと形成―』(晃洋書房・2017年)
  • 「性別違和をもつ子どもと周囲への心理教育」(『ホルモンと臨床』63巻4号263-270.・医学の世界社・2017年)
  • 「性差のメカニズム――行動遺伝学の観点から――」(『心理学評論』60巻1号3-14.・心理学評論刊行会・2017年)
  • Genetic and Environmental influences on Traits of Gender identity disorder: A Study of Japanese Twins across Developmental Stages. Archives of Sexual Behavior、 45、 1681-1695.(筆頭著者・2016年)ほか

執筆記事

執筆者一覧

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.07.17

フランス人はなぜデモを続けるのか

2019.07.10

男か女かハッキリしたがる/させたがる不思議

2019.07.03

遺伝子組み換えが怖いのは、目先の利益で行っていること

2019.06.26

人から、メタボやアレルギー性疾患がなくなる!?

2019.06.19

社会凝集力は偏見も生む。自分をもっと自由に解放してみよう!!

人気記事ランキング

1

2019.07.10

男か女かハッキリしたがる/させたがる不思議

2

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

3

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

4

2019.04.24

子どもに会うための共同親権制度では本末転倒

5

2019.07.17

フランス人はなぜデモを続けるのか

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム