明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

頭の中にテーマを置き続け、日常にヒントを得よう

明治大学 文学部 准教授 佐々木 掌子

いまやクリエイティブな職種に留まらず、多くのビジネスパーソンにとって発想力や企画力は必須のスキル。ライバルを一歩リードするのに役立つヒントを、知の先達である明治大学・教授陣の言葉から探ります。

教授陣によるリレーコラム/アイデアの泉【5】

私の専門とする臨床心理学では、先行論文や書籍をどれだけ丹念に読み込んだかによって自分の研究の質が左右されます。とにかく読む、その領域で議論されていることを知る、ということがお作法です。ひらめいたと思っても、大概の研究は既に世界のどこかで行われているものなので。

また、頭の片隅で常にそのテーマを意識しておくということも大切です。原稿執筆や講演準備時は、ネットをチェックしていても、テレビや雑誌を見ていても、人と喋っていても、関連する情報が選択的に飛び込んでくるものです。

おそらく、常に意識のどこかにそのテーマがあれば様々な方向へ考えが巡るので、拡散的思考状態が保持されているのだと思います。

逆に、私の場合「常にどこかにそのテーマが頭にある状態」が保持できなかったものについては、うまく準備ができず、アイデアもまとまらないという状況に陥っている気がします。

ビジネスパーソンの方ならば、企画書づくりに煮詰まったときなどは、知識や情報をたくさん詰め込んだあとに、頭の中にテーマを置いたまま、一度デスクから離れてみてはいかがでしょう。まったく違うことをしているときや、飲み会で友だちが話していたことなどに、案外発想のヒントが隠れているかもしれません。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Hatena

連載コラムの関連記事

物事の本質を見極めるために、一歩外に出てみよう

2019.8.8

物事の本質を見極めるために、一歩外に出てみよう

  • 明治大学 文学部 教授
  • 山﨑 健司
#5 センサーデータって誰のもの?

2019.8.6

#5 センサーデータって誰のもの?

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 森岡 一幸
#4 ロボットは個人の情報を収集している?

2019.8.2

#4 ロボットは個人の情報を収集している?

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 森岡 一幸
人が無意識に行っている工夫に可能性を見出そう

2019.8.1

人が無意識に行っている工夫に可能性を見出そう

  • 明治大学 総合数理学部 准教授
  • 渡邊 恵太
#3 センサーデータを使ってロボットを賢く!

2019.7.30

#3 センサーデータを使ってロボットを賢く!

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 森岡 一幸

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.08.07

生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

2019.07.24

使い心地の良い道具は、道具ではなくなる

2019.07.17

フランス人はなぜデモを続けるのか

2019.07.10

男か女かハッキリしたがる/させたがる不思議

人気記事ランキング

1

2015.10.21

うつ病の対処に必要な「援助希求」という能力

2

2019.08.07

生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

3

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

4

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

5

2017.01.24

#1 少子高齢化が進むと社会はどうなる?

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム