明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

男か女かハッキリしたがる/させたがる不思議

明治大学 文学部 准教授 佐々木 掌子

性的マイノリティがいるから性は多様なのではない

 確かに、周囲の子たちも悪気があって揶揄しているのではないかもしれません。しかし、そうであればなおさら、その子たちにちゃんと問いかけてあげることの方が大切でしょう。

 社会を変えていくために教育が果たす役割は大きいと思います。すでに、様々に工夫した授業を実践している現場の先生たちもいます。教育の成果は一朝一夕に現れるものではないかもしれませんが、多様性と向き合う教育の積み重ねは、とても重要です。

 学校教育にかかわらず、次世代を担う子どもたちをしっかり教育していくためには、社会人である私たちが、自分自身を見つめ直していくことも必要だと思います。

 例えば、職場で、自分では場を盛り上げるつもりで言っていたことが性差別発言だった、という経験があなたにもあるかもしれません。指摘されないと気が付かないですし、指摘されても、つい言い訳をしたくなるということもありますね。加害者だと指摘されるのは辛いですから。でも、こういうテーマを研究している私が、完璧な言動をできているかというと、その自信はありません。そこで開きなおらず、自分の言動をふり返ることが必要なのだと思っています。

 自分の偏見に気がつくことは辛いことばかりでもありません。自己の偏りに直面化することで、自己発見や自己変化の面白さもまたあります。他者を傷つけないために学ぶという動機も大切ですが、新たな視点を得るために学ぶという動機も大切にできるとよいなと思います。

 LGBTと聞くと、どこか遠いことのように感じてしまう人もいるかもしれませんが、よくよく考えはじめると、これまで何も疑いを持たずに男だの女だのと分けていたこと自体が不思議なことだと理解されるようになります。

 自分が男性であることに疑いを持ったことのない方は、是非ふり返ってみてください。憧れる男性の上司や先輩はいませんか。何が自分の中の男らしさなのか不思議だなと思ったことはありませんか。「少しのズレもなく男」という状態は、かなりフィクションめいた状態です。

 自分自身の性のあり方を掘り下げていくと、自分の中の多様性に気が付けて、自分の内面の豊かさを実感することができますし、周りの人の多様性もまた、共感的に受け止めることができるようになるのではないでしょうか。

 性的マイノリティがいるから多様な性があるということではなく、性的にマジョリティだと自覚する人たちが、そもそも皆ひとりひとり異なる性のあり方を持っているのです。

社会・ライフの関連記事

遺伝子組み換えが怖いのは、目先の利益で行っていること

2019.7.3

遺伝子組み換えが怖いのは、目先の利益で行っていること

  • 明治大学 農学部 専任講師
  • 島田 友裕
人から、メタボやアレルギー性疾患がなくなる!?

2019.6.26

人から、メタボやアレルギー性疾患がなくなる!?

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 石丸 喜朗
令和元年にあらためて思う、日本人は元号が好きだ

2019.6.12

令和元年にあらためて思う、日本人は元号が好きだ

  • 明治大学 法学部 教授
  • 加藤 徹
「縁」から見える日本の農村の多様性と持続性

2019.6.5

「縁」から見える日本の農村の多様性と持続性

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 服部 俊宏

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.09.11

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

2019.09.04

グローバル化による「組織パラドックス」をマネジメントするには

2019.08.28

アフリカへの協力から日本経済の将来を考える

2019.08.21

地方自治の権限の拡大によって、現代型民主主義は進化する

2019.08.07

生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

人気記事ランキング

1

2019.09.11

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

2

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

3

2017.12.06

ネット依存によって、現代人の脳の構造が変わりつつある!?

4

2017.03.15

「沖縄振興予算」という呼称が、誤解を招いている

5

2019.04.24

子どもに会うための共同親権制度では本末転倒

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム