明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

天皇の生前退位の「意志」を認めない「意図」の方が問題

明治大学 文学部 教授/明治大学 平和教育登戸研究所資料館 館長 山田 朗

天皇陛下(以下、敬称を略す)が生前退位の意志をもっていることについて、以前からマスコミなどで報道されていましたが、8月8日、天皇自身の声明がありました。なぜ、天皇が自ら生前退位について言及しなければならなかったのか、また、なぜそれを問題視する理由があるのか、歴史的観点から考えます。

現代に相応しくあろうとする天皇と、明治天皇を理想とする一派

山田 朗 8月8日に発表された天皇の声明は、生前退位の制度化を求めたメッセージであり、昭和天皇が重態に陥った際(1988年9月~89年1月)の過度な「自粛」のように、自身が高齢化して病床に伏せることで、日本社会の沈滞を招くことへの危惧が表明されています。また、「象徴天皇」について多く触れているのは、「象徴天皇」が制度化されて70年近くが経ちましたが、現天皇は、「象徴天皇」として最初に即位した天皇として、「象徴天皇」のあり方、現代に相応しい天皇のあり方が、いまだに未確立であるとの認識を示したものだと考えられます。つまり、現代に相応しい天皇のあり方と、それを支える世襲のシステムを確立しておかなければ、天皇制そのものの存続が危ぶまれる、との危惧からの発言であったと思われます。

 現行の皇室典範は天皇の引退(生前退位)が許されない制度となっていますが、それは極めて不自然であり、非人間的といわざるを得ません。今回の声明を、天皇という一人の人間の発言という点から見れば、極めて自然な気持ちの現われと感じます。世論調査では、8割以上の人が生前退位の制度化に賛成しているといいます。通常の市民感覚からすれば、当然のことでしょう。

 一部に、この天皇の発言を皇室典範の改正を希望すること、つまり天皇の政治的発言に当たるとして問題視する意見があるといいますが、それはおかしなことです。天皇の生前退位という問題は、現実には周囲から発議できるような事案ではありません。天皇の発言はそれを慮ったものでしょうし、さらに、象徴天皇として最初に即位した天皇として、自分の代で現代に相応しい天皇継承のあり方の制度を整えておきたい、という考えからの言動でしょう。実際、天皇はかなり前から生前退位の意向を周囲には伝えていたようであり、宮内庁でも制度改正の検討を進めていたといいます。ところが、天皇の発言を問題視する人たちは、政治的発言が問題と言っていますが、その本当の意図は、明治国家を天皇制のスタンダードと考え、国家の権威の源泉であった明治天皇のような存在を理想形としたいということでしょう。天皇は「国民統合の象徴」であるという際に、「象徴」よりも、「統合」を強調する見方です。このような明治時代を理想とする見方からすれば、現代に相応しくあろうとする現天皇の発言は、“問題”ということになるのです。

社会・ライフの関連記事

長生きリスクを、長生きハッピーにするために

2020.5.27

長生きリスクを、長生きハッピーにするために

  • 明治大学 商学部 准教授
  • 藤井 陽一朗
自動運転を実用化するのは新しい技術と、私たちがつくる制度

2020.4.15

自動運転を実用化するのは新しい技術と、私たちがつくる制度

  • 明治大学 国際日本学部 専任講師
  • 田中 絵麻
所有者不明土地の解決策はサブスクリプションにある!?

2020.3.25

所有者不明土地の解決策はサブスクリプションにある!?

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 片野 洋平
幻想的に光る「夜光雲」が地球温暖化のメカニズムを解く

2020.3.18

幻想的に光る「夜光雲」が地球温暖化のメカニズムを解く

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 鈴木 秀彦
公文書の隠蔽や改ざん、忖度。防ぐのは我々のシビリティ

2020.2.26

公文書の隠蔽や改ざん、忖度。防ぐのは我々のシビリティ

  • 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 教授
  • 西出 順郎

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

特別授業

新着記事

2020.07.08

ブランド価値の向上が日本企業の課題

2020.07.01

「経営を見える化」する力が「ビジネス」を変える

2020.06.24

子どもの権利を見落とす/教師の権利も見落とされる「ブラック」な学校

2020.06.17

インテリジェンス研究:安全と権利自由の「両立」をいかにして実現するか

2020.06.10

書店が本の価格を決めたら、本はもっと売れる!?

人気記事ランキング

1

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

2

2020.07.08

ブランド価値の向上が日本企業の課題

3

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

4

2017.06.14

現代の経済学では説明できない!? 縄文時代の持続可能性社会

5

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム