明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

無限の可能性を秘めた物質「水」とは

深澤 倫子 深澤 倫子 明治大学 理工学部 教授

>>英語版はこちら(English)

水は、地球上や宇宙空間、生体内等に大量に存在する身近な物質として知られていますが、科学的に見ると未だ解明されていない様々な性質を持つ可能性を秘めた物質なのです。水が関わる様々な物質を対象として「水の物理化学」の研究を進めている研究室が、本学にあります。

宇宙空間における物質進化の鍵【アモルファス氷】

深澤 倫子 物質の状態は主に固体、液体、気体という三つの状態に分類され、水の場合にはこの三つの状態のことを、それぞれ氷、水、水蒸気とよびます。水の状態は温度や圧力に応じて変化しますが、条件変化の過程や履歴、共存する物質を変えると、多様な構造を取り、様々な性質を示します。人類は、未だその全容を解明できてはいないのです。

 宇宙空間に多量に存在する水は、生命の発生源の一つとして注目されています。条件に応じた水の構造・物性変化の全容を完全に解明することができたら、宇宙空間における物質進化を理解する鍵が見つかるかもしれないのです。

 宇宙の星間空間には、星間分子雲とよばれる分子の密度が高い領域があります。星間分子雲では、浮遊する鉱物微粒子(宇宙塵)上に水が凝集し、アモルファス氷とよばれる固体になります。

 私たちが冷凍庫で作る氷は、水分子が六角形に規則正しく配列した結晶です。池や湖などにできる天然の氷も、上空から降る雪も、原子・分子レベルでみると同じ構造の結晶です。ところが、水分子が規則正しく配列せず、不規則な構造のまま凍ってしまった状態の氷もあります。この氷がアモルファス氷です。

 アモルファス氷は、宇宙の星間分子雲のように約 100 K(ケルビン)(-173℃)以下の非常に低温の領域で、水が気体の状態から直接固体になることにより生成します。

 星間分子雲で生成したアモルファス氷は、炭素や窒素、水素などの原子を吸着します。吸着した原子は、表面反応や光反応等を経て様々な分子に進化します。

 星間分子雲に漂うアモルファス氷に覆われた鉱物微粒子は、凝集や衝突等、様々な過程を経て成長し、やがて地球のような天体になると考えられています。

 宇宙空間に存在するアモルファス氷を採取して、地球上に持って来ることは非常に難しいのですが、アモルファス氷を実験室で人工的に作ることはできます。

 私たちは、宇宙空間のアモルファス氷の観測データや、人工のアモルファス氷の実験データを基に、アモルファス氷および共存する鉱物の構造と物性を解き明かそうとする研究を進めています。

 この研究により、生命の起源や地球の形成過程を知る鍵が見つかるかもしれないと考えています。

IT・科学の関連記事

民事裁判のIT化は迅速化のためだけではない

2022.5.25

民事裁判のIT化は迅速化のためだけではない

  • 明治大学 法学部 准教授
  • 栁川 鋭士
日本の折紙が世界にイノベーションを起こす

2022.4.20

日本の折紙が世界にイノベーションを起こす

  • 明治大学 研究・知財戦略機構 研究特別教授
  • 萩原 一郎
あなたが見てるものは、実際のものではなく、錯視かもしれない

2022.4.6

あなたが見てるものは、実際のものではなく、錯視かもしれない

  • 明治大学 研究・知財戦略機構 先端数理科学インスティテュート 研究特別教授
  • 杉原 厚吉
ダークウェブで暗号資産が通貨になっている理由を考えると…

2022.3.18

ダークウェブで暗号資産が通貨になっている理由を考えると…

  • 明治大学 商学部 准教授
  • 土屋 陽一
世界で認められてこなかった「旨味」が味覚研究の鍵になっている

2022.3.9

世界で認められてこなかった「旨味」が味覚研究の鍵になっている

  • 明治大学 農学部 特任講師
  • 戸田 安香

新着記事

2022.05.26

ロールモデルを設定し、自己成長の戦略を立てよう

2022.05.25

民事裁判のIT化は迅速化のためだけではない

2022.05.19

どんな時も、自分の価値観を大切にしよう

2022.05.18

原発問題とは、エネルギー問題だけを意味しない

2022.05.17

心を開いて、積極的にコミュニケーションを図ろう

人気記事ランキング

1

2022.05.25

民事裁判のIT化は迅速化のためだけではない

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2013.12.01

環境保全は企業に利益をもたらす ―求められるエコ・テクノストラクチャーとエコ・フ…

4

2021.12.15

使い捨て文化にはない豊かさがある、日本の漆器の文化

5

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

リレーコラム