明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

使えないロボットはもういらない。できるロボットを世に送り出す

黒田 洋司 黒田 洋司 明治大学 理工学部 教授

最近、ホテルの受付をするロボットや家庭用の人型ロボットが話題になっています。そうした報道などを目にすると、日本のロボット技術は世界をリードしているように思えます。しかし、実態はまったく逆だといいます。日本のロボット開発は圧倒的に遅れているというのです。

ロボットを特別視し、開発が遅れた日本

黒田洋司 ロボット開発においては、海外、特にアメリカが圧倒的に進んでいて、日本は相当遅れています。その理由はいくつかありますが、まず、アメリカは軍事目的で開発していることです。例えば、「ドローン」というと、日本ではヘリコプタータイプのラジコンを思い浮かべる人が多いと思います。しかし、海外で「ドローン」というと、無人航空機のことで、敵地を偵察する軍用機なのです。おそらく、世界中で1万機を超える機体が実用されていると思います。特にアメリカでは、有人の戦闘機を開発しようとすると、議会に有人機でなければならない理由書を提出しなければなりません。人命(アメリカ兵)を危険にさらさないことが大前提だからです。そのため無人航空機の開発は進み、1機あたり数千万円から数億円するものが1万機も作られているのです。「ドローン」という航空機ロボットだけでも、巨大なマーケットを形成しているのです。

 それに比べて日本はどうか。基本的には、工場内のいわゆる産業用ロボットにとどまっていて、一般社会で実用的なロボットはほとんどありません。それは、日本ではロボットを非常に特別視しているからです。何かに役立てようとするのではなく、ロボットそのものに価値があると思っています。そこで、コミュニケーション機能を備えた人型ロボットなどに注目するのです。ところが、そうして開発されたロボットのインタラクティビティ(双方向)やコミュニケーション機能は、正直、まだまだ実用レベルではありません。だから、話題になってもマーケットにならないのです。世界では、ロボットは何らかの作業をする道具と捉えられています。つまり、工業製品であり、役立つことに価値があるのです。世界から見ると、日本のロボットに対する考え方だけが特殊です。

IT・科学の関連記事

がんを分子レベルで早期診断するシステム開発が始まっている

2021.5.19

がんを分子レベルで早期診断するシステム開発が始まっている

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 石原 康利
先端医療に貢献するものづくりは、汗の結晶!?

2021.3.31

先端医療に貢献するものづくりは、汗の結晶!?

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 工藤 寛之
デジタル機器に欠かせない透明導電膜の作製技術を自然界に学ぶ

2021.3.17

デジタル機器に欠かせない透明導電膜の作製技術を自然界に学ぶ

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 我田 元
ストレスから救ってくれるのは、老化の主犯の活性酸素!?

2021.2.24

ストレスから救ってくれるのは、老化の主犯の活性酸素!?

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 安保 充
イノベーションという「パン」は空から降ってくるもの?

2021.2.17

イノベーションという「パン」は空から降ってくるもの?

  • 明治大学 政治経済学部 教授
  • 末永 啓一郎

新着記事

2021.07.27

新たな視点で社会や物事を捉えよう

2021.07.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

2021.07.15

これまでの人生を振り返り、初心を思い出そう

2021.07.14

パンデミックを人類史と政治から見ると、見えてくるのは…

2021.07.13

相手への期待を込めた指導で、成長を促そう

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

3

2021.07.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

4

2020.06.10

書店が本の価格を決めたら、本はもっと売れる!?

5

2019.11.08

#1 日本のアニメはいつから世界で人気になったの?

リレーコラム