明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

体に効く薬とはタンパク質に効く薬

光武 亜代理 光武 亜代理 明治大学 理工学部 准教授

創薬に役立てるためのベーシックな研究を推進

実は、がん細胞に対する免疫にも、膜タンパク質が重要な役割を担っています。

それは、がん細胞は正常な細胞とは異なり、細胞の中に異物をたくさん作ります。その異物の小さな断片であるペプチドを、膜タンパク質は細胞の外に提示するのです。すると、免疫系の細胞がこのペプチドを認識し、がん細胞であることがわかると、これを攻撃するのです。

こうしたタンパク質の機能を詳細に解明していけば、がん細胞に対する免疫力を向上させるなんらかの方法を開発することができるかもしれません。そこでも、分子シミュレーションは重要な役割を果たすはずです。

また、新型コロナウイルスによるパンデミックを収束させるために、各国でワクチンなどの開発が進められていますが、そこでも分子シミュレーションは活用される可能性があります。

先にも述べたように、PDBデータバンクなど様々なデータベースがウェブ上で利用できます。シミュレーションに関しても、実際の生体状態を再現するには、タンパク質だけでなく水分子、脂質、糖鎖も含めた系のセットアップが必要で、これらのデータの公開やセットアップを行えるウェブサイトもあります。

くわえて最近、コロナウイルスに関しては、積極的にシミュレーションのセットアップのデータやトラジェクトリが公開され、世界中で利用できるようになっているものもあります。

パンデミックという状況の中で、現実社会ではソーシャルディスタンスが強調されていますが、ウェブの中では、協働を推進するような状況がつくられています。

とはいえ、分子シミュレーションを実際の創薬に役立てるには、もっと精度を高めていく必要もあります。そのためには、富岳など、スーパーコンピュータのような計算機やシミュレーション手法の開発など基盤技術の発展が欠かせません。

私自身の研究はまだまだ創薬に繋がる応用研究にはなっていませんが、シミュレーションの方法を開発やこれらを個別の系への適用をしていき、少しでも応用研究に繋がればと考えています。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

IT・科学の関連記事

がんを分子レベルで早期診断するシステム開発が始まっている

2021.5.19

がんを分子レベルで早期診断するシステム開発が始まっている

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 石原 康利
先端医療に貢献するものづくりは、汗の結晶!?

2021.3.31

先端医療に貢献するものづくりは、汗の結晶!?

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 工藤 寛之
デジタル機器に欠かせない透明導電膜の作製技術を自然界に学ぶ

2021.3.17

デジタル機器に欠かせない透明導電膜の作製技術を自然界に学ぶ

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 我田 元
ストレスから救ってくれるのは、老化の主犯の活性酸素!?

2021.2.24

ストレスから救ってくれるのは、老化の主犯の活性酸素!?

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 安保 充
イノベーションという「パン」は空から降ってくるもの?

2021.2.17

イノベーションという「パン」は空から降ってくるもの?

  • 明治大学 政治経済学部 教授
  • 末永 啓一郎

新着記事

2021.06.22

同じ志を持つ人との関係を、大切にしよう

2021.06.21

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

2021.06.17

受け取った“想い”を、次世代へつないでいこう

2021.06.16

違憲判決を社会に活かすために必要なのは

2021.06.10

今日の経験を、未来の自分に活かす生き方をしよう

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2021.06.16

違憲判決を社会に活かすために必要なのは

3

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

4

2021.06.21

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

5

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

リレーコラム