明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

共感を得るのは身体表現をともなったコミュニケーション

明治大学 理工学部 教授 嶋田 総太郎

身体を置き去りにしていたネットのコミュニケーションにも変化

 人間以外の動物にもある脳のミラーシステムが、人間だけが構築し得た高度な社会形成につながっていったのは、人間には他者をもっと理解したいという強い潜在的欲求があり、それがミラーシステムを介したノンバーバル・コミュニケーションを発達させ、さらにより高度なメンタライジングへとつながっていったからだと思います。その意味で、脳の持つコミュニケーション能力にとって身体の関わりが非常に重要であることがわかります。

 当初は、メールなどテキストベースであったネットのコミュニケーションが、絵文字やスタンプを多用するようになり、最近では、写真や動画の共有へと推移してきているのは、通信技術の進歩ももちろんありますが、身体が欠落した言語コミュニケーションでは伝えきれないものがあることを、社会としても認識してきたからではないかと思います。写真や動画は、身体表現によるコミュニケーションをある程度補完できると考えられます。いまでも、いわゆる炎上騒ぎや罵り合いのような形になるのは、テキストベースのやり取りや参加者の匿名性が高い場合が多いようです。だれとでも手軽にコミュニケーションがとれるネット社会によって、一見、コミュニケーションが濃密化したように見えながら、実は、身体を置き去りにしたコミュニケーションではそれが逆に希薄化し、身体レベルの共鳴による共感が起き難くなっていることを、認知脳科学の観点から、あらためて指摘することができます。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

IT・科学の関連記事

ゲノム編集で不妊症の原因を解き明かす

2019.11.20

ゲノム編集で不妊症の原因を解き明かす

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 河野 菜摘子
音声合成技術によって「人間を超える声」が生まれる!?

2019.11.13

音声合成技術によって「人間を超える声」が生まれる!?

  • 明治大学 総合数理学部 准教授
  • 森勢 将雅
再生医療の進歩にも繋がる、独自の人工骨開発技術がある

2019.10.30

再生医療の進歩にも繋がる、独自の人工骨開発技術がある

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 相澤 守
生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

2019.8.7

生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 本田 みちよ
使い心地の良い道具は、道具ではなくなる

2019.7.24

使い心地の良い道具は、道具ではなくなる

  • 明治大学 総合数理学部 准教授
  • 渡邊 恵太

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

新聞広告連動企画

新着記事

2019.12.11

医師の労働時間の改善が、より豊かな医療の実現に繋がる!?

2019.12.04

日本独特の発酵食品をつくる麹菌は日本にしかいない!?

2019.11.27

博物館や美術館には、新たな発見や不思議な出会いが満ちている

2019.11.20

ゲノム編集で不妊症の原因を解き明かす

2019.11.13

音声合成技術によって「人間を超える声」が生まれる!?

人気記事ランキング

1

2019.12.11

医師の労働時間の改善が、より豊かな医療の実現に繋がる!?

2

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

3

2019.12.04

日本独特の発酵食品をつくる麹菌は日本にしかいない!?

4

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

5

2014.03.01

消費税が抱える問題 ―求められる公正な仕組みの実現―

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム