明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

Meiji.net 探していた、答えがある。

プロフィール

嶋田 総太郎
教育・研究テーマと関連するSDGsの達成目標に向けて取り組んでいます。

嶋田 総太郎

明治大学 理工学部 教授

研究分野
認知脳科学
研究テーマ
身体性と社会性の脳メカニズム
【キーワード】脳機能イメージング、認知科学、自己認識、社会性認知
主な著書・論文
  • 「認知脳科学」(コロナ社、2017年)
  • 「はじめての認知科学」(新曜社、2016年)
  • 「ミラーニューロンと<心の理論>」(子安増生、大平英樹(編)、新曜社、2011年)
  • (「自己身体はどのように脳内で表現されているのか?」(第1章)、pp.21-57.)
  • 「ソーシャルブレインズ -自己と他者を認知する脳」(開一夫、長谷川寿一(編)、東京大学出版、2009年)
  • (「自己と他者を区別する脳のメカニズム」(第4章)、pp.59-77.)

執筆記事

執筆者一覧

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

特別授業

新着記事

2020.11.25

エビデンスに基づく取り組みは、自然相手の農業にも重要

2020.11.18

脳の活動を可視化することで、人は新たな自分に変われる

2020.11.11

アメリカ・ファーストでは、国際経済の新たな秩序づくりはできない

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

2020.10.28

アフリカ独特のユルさが、アフリカらしい発展の鍵となる

人気記事ランキング

1

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

4

2020.11.25

エビデンスに基づく取り組みは、自然相手の農業にも重要

5

2020.03.18

幻想的に光る「夜光雲」が地球温暖化のメカニズムを解く

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム