明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

共感を得るのは身体表現をともなったコミュニケーション

明治大学 理工学部 教授 嶋田 総太郎

脳の自己身体イメージを錯覚させる実験

 脳の中には自分の身体についてのある種のイメージがあると考えられます。その形成メカニズムを調べるために、「ラバーハンド錯覚」という実験があります。ここでは、被験者自身の手と、マネキン人形の手のようなラバーハンドを並べ、被験者からは自分の手は見えないようにしておきます。その状態で、実際の手とラバーハンドの同じ部分をブラシなどで同時に撫でていると、被験者は、ラバーハンドは作り物だとわかっていながら、徐々に、ラバーハンドが自分の手のように感じられる錯覚が起こるのです。これは、視覚と触覚が一致することによって起こる現象です。そこで、実際の手とラバーハンドを撫でるタイミングを変えていくと、300ミリ秒(約1/3秒)ほどのずれが出ると、錯覚が起こりにくくなることがわかりました。実は、視覚情報は脳の後頭葉に集められ、触覚情報は頭頂葉に集められるのですが、その後、それらの入力信号は脳の中で合流します。そのとき、300ミリ秒以内のずれであれば脳は吸収し、視覚情報と触覚情報は一致していると判断するわけです。つまり、脳には自己身体イメージを形成するメカニズムがあり、五感から入る情報に多少の時間的ずれがあっても、そのイメージは保たれるということです。この脳の機能を応用すれば、例えば、データグローブとヘッドマウントディスプレイを使ったVRで自分のキャラクターを動かすとき、自分の動きとキャラクターの動きのずれの許容範囲を計算することができます。また、近い将来、このときの脳の活動やその情報処理を解き明かすことができれば、脳の指令によって機械を動かすブレイン・マシンインタフェースの技術を向上させ、例えば、思った通りに義手を動かしたり、車椅子を自由に動かすなど、医療や福祉の分野への利用が可能になってくると考えます。

IT・科学の関連記事

ゲノム編集で不妊症の原因を解き明かす

2019.11.20

ゲノム編集で不妊症の原因を解き明かす

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 河野 菜摘子
音声合成技術によって「人間を超える声」が生まれる!?

2019.11.13

音声合成技術によって「人間を超える声」が生まれる!?

  • 明治大学 総合数理学部 准教授
  • 森勢 将雅
再生医療の進歩にも繋がる、独自の人工骨開発技術がある

2019.10.30

再生医療の進歩にも繋がる、独自の人工骨開発技術がある

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 相澤 守
生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

2019.8.7

生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 本田 みちよ
使い心地の良い道具は、道具ではなくなる

2019.7.24

使い心地の良い道具は、道具ではなくなる

  • 明治大学 総合数理学部 准教授
  • 渡邊 恵太

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

新聞広告連動企画

新着記事

2019.12.11

医師の労働時間の改善が、より豊かな医療の実現に繋がる!?

2019.12.04

日本独特の発酵食品をつくる麹菌は日本にしかいない!?

2019.11.27

博物館や美術館には、新たな発見や不思議な出会いが満ちている

2019.11.20

ゲノム編集で不妊症の原因を解き明かす

2019.11.13

音声合成技術によって「人間を超える声」が生まれる!?

人気記事ランキング

1

2019.12.11

医師の労働時間の改善が、より豊かな医療の実現に繋がる!?

2

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

3

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

4

2014.03.01

消費税が抱える問題 ―求められる公正な仕組みの実現―

5

2019.12.04

日本独特の発酵食品をつくる麹菌は日本にしかいない!?

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム