明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

高級熟成肉を身近なものにする!? 産学共同開発の「発酵熟成肉」

明治大学 農学部 教授 村上 周一郎

研究成果を製品に活かした「エイジングシート」

小笠原 泰  まず、彼の熟成庫にいる菌を採取したところ、すぐに肉の表面を覆う菌の目星がつきました。何年にもわたって使われてきた熟成庫には、この菌を含め様々な菌が生育しています。その中から目当ての菌を、自然任せではなく、人工的に一番早く肉の表面に生育させれば良いわけです。そこで、その菌の胞子の高濃度養液を作り、当初は霧吹きで肉の表面に吹き付けました。しかし、それではどうしても不均一になってしまいます。その後の製品化を考えると、誰がやっても同じように上手くいく方法でなければなりません。そこで目をつけたのが布です。実は、屠殺したばかりの肉を10日間置いておく際に、布を巻き付けます。それは、肉から肉汁が出てくるのを染みこませるためです。しかし、その布に毛カビから作成した胞子懸濁液を付けておけば、上手くいくのではないかと思ったのです。小さな肉に小さな布を巻くラボスケールでの実験は成功で、菌が肉の表面に一気に生え、熟成が進みました。大学の研究室での実験はこれで良いのですが、今回は産学協同研究で、最終的には製品にならなくてはいけません。実際の大きな肉を巻く大きな布に、染み渡る高濃度の胞子懸濁液を作ることができるか。その懸濁液に含まれる胞子がちゃんと大きな布に付くか。懸濁液に浸した布を乾かす際に熱をかけますが、菌の生育温度は高くても20度過ぎが限界なので、胞子は何度まで耐えられるか。製品として開発するための、こういった様々な問題をクリアするには、純粋な研究とは異なるアイデアやノウハウが必要でした。それでも、学生たちも興味をもって取組み、結果、実質的な開発期間は1年ほどで、おそらく世界で初めてのエイジング方法である、「エイジングシート」が完成したのです。

IT・科学の関連記事

生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

2019.8.7

生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 本田 みちよ
使い心地の良い道具は、道具ではなくなる

2019.7.24

使い心地の良い道具は、道具ではなくなる

  • 明治大学 総合数理学部 准教授
  • 渡邊 恵太
AIのタコツボに入るか、AIに指針を示すかは、使うあなた次第

2019.5.29

AIのタコツボに入るか、AIに指針を示すかは、使うあなた次第

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 横山 大作
AIがビジネスのインフラになる

2019.4.10

AIがビジネスのインフラになる

  • 明治大学 総合数理学部 准教授
  • 櫻井 義尚
「フェイクニュース」は「嘘ニュース」のことではない

2019.2.20

「フェイクニュース」は「嘘ニュース」のことではない

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 教授
  • 大黒 岳彦

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

新聞広告連動企画

新着記事

2019.10.16

増える、ひとり暮らしの高齢者が楽しい生活をおくるには

2019.10.09

増税による負担増ばかりではなく、受益増についてみんなで考えよう

2019.10.02

知的財産を侵害する模倣品によって被害を受けるのは?

2019.09.25

自治体の予算案に見える、「いま」に応え、「未来」を創る姿勢

2019.09.18

世界遺産に登録された日本の古墳には、世界に誇れる特異性がある

人気記事ランキング

1

2019.10.16

増える、ひとり暮らしの高齢者が楽しい生活をおくるには

2

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

3

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

4

2017.12.06

ネット依存によって、現代人の脳の構造が変わりつつある!?

5

2019.10.09

増税による負担増ばかりではなく、受益増についてみんなで考えよう

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム