明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

期待が高まる、トマト、アスパラガスの画期的な新栽培法

元木 悟 元木 悟 明治大学 農学部 教授

最近、野菜の高騰がニュースになることがあります。もともと、野菜の生産は季節や天候に左右されますが、近年では、異常気象や震災の影響を受けることが多くなっています。そこで、野菜の新たな栽培法の研究開発が進められていますが、本学農学部もその一翼を担っています。

野菜の摂取量を上げるために

元木 悟 野菜には人の身体に必要な栄養素が含まれていることは、みなさんご存じだと思います。健康を維持するために、野菜はとても重要な食べ物です。最近では、さらにアンチエイジングや抗がん作用なども注目されています。ところが、日本人の野菜摂取量は1985年くらいがピークで、その後、だんだん落ちてきているのです。厚生労働省の健康施策である「健康日本21」で推奨されている1日の野菜摂取量は350gですが、男性の平均は299g、女性は289gで、いずれも達していません。これには様々な要因があると思います。生産者の側の課題としては、変化する消費者の嗜好やニーズに対応すること、また、異常気象や天候不順にもできるだけ安定した供給をすることなどが挙げられます。そのための新しい品種や栽培法の開発が様々な研究機関などで行われていますが、私たち「野菜園芸学研究室」でも、多くの生産者の方々と共同し、様々な取組みを行っています。その中からは、画期的と評価され、全国に広がる栽培法が生まれています。

IT・科学の関連記事

「タンパク質は面白い」という好奇心が、がん退治にも繋がる!?

2022.11.18

「タンパク質は面白い」という好奇心が、がん退治にも繋がる!?

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 吉村 英恭
血液はサラサラだけでなく、ドロドロも必要!?

2022.10.26

血液はサラサラだけでなく、ドロドロも必要!?

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 平野 太一
健康的な長寿のために、新たな機能性物質を見つける

2022.7.15

健康的な長寿のために、新たな機能性物質を見つける

  • 明治大学 農学部 教授
  • 浜本 牧子
数理モデルは近未来のスマート農業も実現する

2022.7.13

数理モデルは近未来のスマート農業も実現する

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 中村 和幸
アインシュタインはいかにしてアインシュタインになったのか

2022.6.17

アインシュタインはいかにしてアインシュタインになったのか

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 稲葉 肇

新着記事

2022.12.01

自分で考え、自分で動き、仕事の面白さを知ろう

2022.11.30

パンデミックによって質屋の機能が見直された!?

2022.11.29

行き詰ったら、「知の総合化」で解決しよう

2022.11.25

中華世界の拡大は、実は、理に適っていた!?

2022.11.22

好奇心を尊重し、長い目で見て、人を育てよう

人気記事ランキング

1

2022.11.30

パンデミックによって質屋の機能が見直された!?

2

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

3

2019.02.13

現代人が取り戻せず、潜伏キリシタンが250年間失わなかったもの

4

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

5

2019.11.08

#1 日本のアニメはいつから世界で人気になったの?

連載記事