明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

期待が高まる、トマト、アスパラガスの画期的な新栽培法

明治大学 農学部 准教授 元木 悟

最近、野菜の高騰がニュースになることがあります。もともと、野菜の生産は季節や天候に左右されますが、近年では、異常気象や震災の影響を受けることが多くなっています。そこで、野菜の新たな栽培法の研究開発が進められていますが、本学農学部もその一翼を担っています。

野菜の摂取量を上げるために

元木 悟 野菜には人の身体に必要な栄養素が含まれていることは、みなさんご存じだと思います。健康を維持するために、野菜はとても重要な食べ物です。最近では、さらにアンチエイジングや抗がん作用なども注目されています。ところが、日本人の野菜摂取量は1985年くらいがピークで、その後、だんだん落ちてきているのです。厚生労働省の健康施策である「健康日本21」で推奨されている1日の野菜摂取量は350gですが、男性の平均は299g、女性は289gで、いずれも達していません。これには様々な要因があると思います。生産者の側の課題としては、変化する消費者の嗜好やニーズに対応すること、また、異常気象や天候不順にもできるだけ安定した供給をすることなどが挙げられます。そのための新しい品種や栽培法の開発が様々な研究機関などで行われていますが、私たち「野菜園芸学研究室」でも、多くの生産者の方々と共同し、様々な取組みを行っています。その中からは、画期的と評価され、全国に広がる栽培法が生まれています。

IT・科学の関連記事

自動作曲システム「Orpheus」は将来の芸術分野のひとつになる

2019.1.16

自動作曲システム「Orpheus」は将来の芸術分野のひとつになる

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 嵯峨山 茂樹
プログラミング教育が普及するほど、日本のSEは減っていく!?

2018.10.31

プログラミング教育が普及するほど、日本のSEは減っていく!?

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 早川 智一
宇宙開発に貢献した「折紙」は人間の未来も救う!?

2018.8.22

宇宙開発に貢献した「折紙」は人間の未来も救う!?

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 石田 祥子
紙幣を持ち歩くのは時代遅れ!?

2018.8.8

紙幣を持ち歩くのは時代遅れ!?

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 小早川 周司
手書き文字の味を活かした、きれいな自分だけの文字ができる

2018.7.4

手書き文字の味を活かした、きれいな自分だけの文字ができる

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 中村 聡史

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.01.23

日本のスマホ料金が高いのはユーザーが寛容だから?

2019.01.16

自動作曲システム「Orpheus」は将来の芸術分野のひとつになる

2019.01.09

18歳の大人たちに、糧となるのはしっかりとした法教育

2018.12.19

物に「痛い!」と言ってもらえる!?非破壊検査技術AE法

2018.12.12

行政はなぜ必要?なくては困るが、甘えすぎも要注意!

人気記事ランキング

1

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

2

2013.09.01

高信頼性組織とは何か ―失敗が許されない組織の条件―

3

2017.06.14

現代の経済学では説明できない!? 縄文時代の持続可能性社会

4

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

5

2017.03.15

「沖縄振興予算」という呼称が、誤解を招いている

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム