明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

農業では人自身がビッグデータ。その活用システム構築を目指す

小沢 聖 小沢 聖 明治大学 農学部 特任教授(退任)

近年、欧米では、生産性の向上を目指して耕地への過剰な施肥や農薬散布を行う多投入型農業が、主に土壌汚染や環境破壊の面から見直され始めています。日本では、そうした環境問題に配慮しつつも、集約型の大規模農業を目指す動きがあります。しかし、そこには環境問題だけではなく、日本の農業の将来を考えたときに、大きな問題があるといいます。

作物と自然のやり取りがわからない栽培者が増える?

小沢 聖 日本では、野菜などの収量アップや品質向上を目指して、大型ハウスでの栽培が盛んになってきています。社会のニーズを考えれば、ハウス栽培は今後も増加していくものと思います。ところが、最近の農業後継者の中には、ハウス栽培しか知らない人が増えています。ハウス栽培とは作物を自然からプロテクトして栽培していくことなので、そうした環境での作物しか知らないと、作物と本当の自然とのやり取りがわからない栽培者になってしまう恐れがあります。例えば、寒いとき、作物自体はどういう対応をするのか、それがわかっていなければ、ハウスで何かトラブルが起きたときに、栽培者として対処するための情報の幅が非常に狭くなってしまいます。農業とは、もともと自然の中で作物を栽培することから始まっています。戦後、農家の担い手になった世代も、ほとんどの人は露地からスタートしています。こうした世代は、長年の経験と勘を活かして作物を育ててきました。農業の知識の粋とは、まさにそうした経験と勘であり、それは温室やハウスにあるのではなく、露地栽培の中から蓄積されていくのです。そうした知識をもった世代をサポートし、その知識を後継者に伝えていくことは、農業の将来を考えたとき、大きなテーマになっていくと考えます。

IT・科学の関連記事

健康的な長寿のために、新たな機能性物質を見つける

2022.7.15

健康的な長寿のために、新たな機能性物質を見つける

  • 明治大学 農学部 教授
  • 浜本 牧子
数理モデルは近未来のスマート農業も実現する

2022.7.13

数理モデルは近未来のスマート農業も実現する

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 中村 和幸
アインシュタインはいかにしてアインシュタインになったのか

2022.6.17

アインシュタインはいかにしてアインシュタインになったのか

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 稲葉 肇
民事裁判のIT化は迅速化のためだけではない

2022.5.25

民事裁判のIT化は迅速化のためだけではない

  • 明治大学 法学部 准教授
  • 栁川 鋭士
日本の折紙が世界にイノベーションを起こす

2022.4.20

日本の折紙が世界にイノベーションを起こす

  • 明治大学 研究・知財戦略機構 研究特別教授
  • 萩原 一郎

新着記事

2022.08.19

「ゆすりは自由な取引?」非常識な問いかけが常識を進歩させる

2022.08.09

自分を活かせるライフワークを見つけよう

2022.08.05

KAMの導入によって企業と環境変化が理解できる

2022.08.01

ボルボ・カー・ジャパンのトップと語る 自動車業界の未来とブランディングの重要性

2022.07.28

自由に取り組んで、自ら学ぶ力を得よう

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

3

2018.11.06

#2 日本政府の借金はなぜこんなに膨らんだの?

4

2019.02.13

現代人が取り戻せず、潜伏キリシタンが250年間失わなかったもの

5

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

連載記事