明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

農業では人自身がビッグデータ。その活用システム構築を目指す

小沢 聖 小沢 聖 明治大学 農学部 農場 特任教授

プロの農家の経験と勘を数値化して共有する

小沢 聖 さらに、栽培者が経験を積み、自分なりのやり方ができるようになってくると、そのやり方に応じて「ゼロアグリ」の制御目標とする土壌水分、土壌ECの設定を調整することができます。例えば、同じトマトでも、ストレスを与えると糖度が増してきます。そのストレスの程度がわかってくれば、それに応じた培養液供給に変えることができるのです。その調整は、パソコンやタブレット端末でクラウドに接続すれば、簡単にできます。しかも、その調整したデータはクラウドに保存されていきます。すると、同じ地域で「ゼロアグリ」を使っている栽培者が多くなれば、その地域のデータベースができることになります。そこで、Aさんのやり方を真似てやってみたいと思えば、Aさんのデータを使わせてもらうこともできるのです。これが、「ゼロアグリ」の重要な機能です。

 長年農業をやってきた人の経験と勘を引き継ぎたいと思っても、それを言葉で説明し、伝えることは簡単なことではありません。しかし、それをある程度数値化すれば、伝わりやすくなります。実は、農業生産現場でビッグデータを活用しようという試みは多くあります。しかし、測定データを集めるには多大な資金が必要なだけでなく、解析するロジックが不十分です。それより、栽培者の感性、感情、行動などを解析する方が有益だと考えます。人間というのは、いわば、非常に優秀なセンサーなのです。例えば、プロの農家は、いちいち温度計や湿度計を見たり、土壌にセンサー類を入れて確認するようなことはほとんどしません。気象の状態も、作物の状態も、計器で測るのではなく、見たり、触ったり、嗅いだりするうちに、自分の感性で判断します。それが積み重なったのが経験と勘であり、それは、いわばビッグデータなのです。それを数値化し、数値保存することで、多くの人が学んだり、その技術を後世に伝えることが容易になっていくと、考えます。

IT・科学の関連記事

がんを分子レベルで早期診断するシステム開発が始まっている

2021.5.19

がんを分子レベルで早期診断するシステム開発が始まっている

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 石原 康利
先端医療に貢献するものづくりは、汗の結晶!?

2021.3.31

先端医療に貢献するものづくりは、汗の結晶!?

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 工藤 寛之
デジタル機器に欠かせない透明導電膜の作製技術を自然界に学ぶ

2021.3.17

デジタル機器に欠かせない透明導電膜の作製技術を自然界に学ぶ

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 我田 元
ストレスから救ってくれるのは、老化の主犯の活性酸素!?

2021.2.24

ストレスから救ってくれるのは、老化の主犯の活性酸素!?

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 安保 充
イノベーションという「パン」は空から降ってくるもの?

2021.2.17

イノベーションという「パン」は空から降ってくるもの?

  • 明治大学 政治経済学部 教授
  • 末永 啓一郎

新着記事

2021.06.24

ときには、自分の“原体験”を振り返ってみよう

2021.06.23

コロナ禍の人口移動で、都市のバーチャル化が進む?

2021.06.22

同じ志を持つ人との関係を、大切にしよう

2021.06.21

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

2021.06.17

受け取った“想い”を、次世代へつないでいこう

人気記事ランキング

1

2021.06.21

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

4

2021.06.23

コロナ禍の人口移動で、都市のバーチャル化が進む?

5

2021.06.16

違憲判決を社会に活かすために必要なのは

リレーコラム