明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

腸内フローラを活用すれば、人はもっと強く美しくなる

明治大学 農学部 准教授 浅沼 成人

社会の高齢化が進むとともに人々の健康志向が高まり、様々な健康法がマスコミやネットなどで取上げられています。そのひとつに「腸内フローラ」があります。がんの治療や老化防止にも役立つといわれていますが、実は、腸内細菌の研究が進展したのはここ20年ほどのことです。何が解明され、何が研究段階なのか、冷静に確認してみましょう。

腸内に棲む細菌の数は人の全細胞数よりも多い

浅沼 成人 いわゆる腸内フローラとは、私たちの腸内に生息している細菌のことです。腸は広げるとテニスコート1.5面分ほどにもなりますが、そこに細菌がびっしりと付着していて、その数は100兆~1000兆個にもなるといわれています。人間を構成しているすべての細胞数が60兆~70兆個なので、腸内細菌はそれよりも多いのです。これほどの数の腸内細菌ですが、胎児の段階では無菌といわれています(最新の研究では異論も出ていますが)。母親の体外に出たあと、空気感染や母親との接触などを通じて菌は棲みつきはじめます。というと、汚染されていくようなイメージがありますが、むしろ、赤ちゃんが生きていくためのメカニズムのひとつといえます。例えば、コアラはユーカリを主食にしていますが、ユーカリには毒性の物質が含まれています。それをコアラの腸内細菌は分解し、栄養素として吸収できるようにしているのです。ところが、コアラの赤ちゃんも生まれたときは無菌です。でも、お母さんのお尻を舐めたり糞を食べることで、そこに含まれているお母さんの細菌を受取り、ユーカリを食べることができるようになっていくのです。人の腸内細菌の種類は、最新の研究で見直されたりしていますが、約3万種類あるといわれています。それぞれの役割や機能がすべて解明されたわけではありませんが、コアラと同じように、吸収しきれない食物の成分を分解して吸収できるようにしています。さらに、その分解して生成された物質が、人の栄養素になるだけでなく、免疫力のアップなどにつながることから、最近、特に注目されるようになったのです。

 腸内細菌については、まだ多くのことが解明されていません。研究が進まなかったのは、ほとんどの腸内細菌は、空気のない無酸素環境の腸内で生息する嫌気性生物だからです。人工的に培養することが非常に難しく、長い間、研究は進展しませんでした。その状況が変わったのは、ここ20年で遺伝子解析技術が進歩したからです。腸内細菌を培養しなくても、そのDNAを調べることで、種類や機能もわかるようになってきたのです。

IT・科学の関連記事

人の生活を助けるロボットの普及を妨げているのは、「人」である

2020.7.15

人の生活を助けるロボットの普及を妨げているのは、「人」である

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 小松 孝徳
インテリジェンス研究:安全と権利自由の「両立」をいかにして実現するか

2020.6.17

インテリジェンス研究:安全と権利自由の「両立」をいかにして実現するか

  • 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 特任教授
  • 小林 良樹
画像処理技術は、より安全と公平を社会にもたらす

2020.4.22

画像処理技術は、より安全と公平を社会にもたらす

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 宮本 龍介
がんの検査だけじゃない! ヒ素を無毒化する線虫にも注目!

2020.3.4

がんの検査だけじゃない! ヒ素を無毒化する線虫にも注目!

  • 明治大学 農学部 専任講師
      科学技術振興機構 さきがけ研究者(兼任)
  • 新屋 良治

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

特別授業

新着記事

2020.08.05

人口変動と人びとの歴史を結わえること

2020.07.29

お金について学ばないことで失う機会は大きい

2020.07.22

人類の危機を救う植物の秘めた力を解き明かす

2020.07.15

人の生活を助けるロボットの普及を妨げているのは、「人」である

2020.07.08

ブランド価値の向上が日本企業の課題

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

3

2020.08.05

人口変動と人びとの歴史を結わえること

4

2016.10.19

スポーツビジネスの功罪を考えると、社会の未来が見える

5

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム