明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

腸内フローラを活用すれば、人はもっと強く美しくなる

浅沼 成人 浅沼 成人 明治大学 農学部 准教授

「浅沼研究室」で有益な腸内細菌を世界初発見

 人が食べるご飯やパンに含まれる成分のひとつに、グルコシルセラミドがあります。この成分は人の消化酵素だけでは分解できず、吸収もされずにそのまま排便されますが、それを分解し吸収できる物質にしている腸内細菌を、私の研究室では世界で初めて発見しました。しかも、そうやって生成された物質は、人の免疫力を高めたり、また、肌の細胞の活性化につながるシグナル物質として作用するのです。つまり、この腸内細菌を増やせば、ふだん通りにご飯やパンを食べているだけで、病気に罹りにくくなったり、肌をきれいにすることができるのです。特に、肌の上から成分を染みこませようとする従来の美容製品に比べ、効率良く効果を発揮させることができるようになると思います。まだ研究中ですが、実用を目指しています。

 ある意味、私たちは腸内に非常に有用なペットを飼っているようなものです。人にとっては消化が悪い食物繊維も、それゆえに彼らに豊富なエサを与えることになります。また、ヨーグルトなどを摂ると、自分に役立つペットを増やすことができます。このような意識で日頃の食生活を見直してみるのも良いと思います。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

IT・科学の関連記事

がんを分子レベルで早期診断するシステム開発が始まっている

2021.5.19

がんを分子レベルで早期診断するシステム開発が始まっている

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 石原 康利
先端医療に貢献するものづくりは、汗の結晶!?

2021.3.31

先端医療に貢献するものづくりは、汗の結晶!?

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 工藤 寛之
デジタル機器に欠かせない透明導電膜の作製技術を自然界に学ぶ

2021.3.17

デジタル機器に欠かせない透明導電膜の作製技術を自然界に学ぶ

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 我田 元
ストレスから救ってくれるのは、老化の主犯の活性酸素!?

2021.2.24

ストレスから救ってくれるのは、老化の主犯の活性酸素!?

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 安保 充
イノベーションという「パン」は空から降ってくるもの?

2021.2.17

イノベーションという「パン」は空から降ってくるもの?

  • 明治大学 政治経済学部 教授
  • 末永 啓一郎

新着記事

2021.06.22

同じ志を持つ人との関係を、大切にしよう

2021.06.21

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

2021.06.17

受け取った“想い”を、次世代へつないでいこう

2021.06.16

違憲判決を社会に活かすために必要なのは

2021.06.10

今日の経験を、未来の自分に活かす生き方をしよう

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2021.06.16

違憲判決を社会に活かすために必要なのは

3

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

4

2021.06.21

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

5

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

リレーコラム