明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

腸内フローラを活用すれば、人はもっと強く美しくなる

明治大学 農学部 准教授 浅沼 成人

「浅沼研究室」で有益な腸内細菌を世界初発見

 人が食べるご飯やパンに含まれる成分のひとつに、グルコシルセラミドがあります。この成分は人の消化酵素だけでは分解できず、吸収もされずにそのまま排便されますが、それを分解し吸収できる物質にしている腸内細菌を、私の研究室では世界で初めて発見しました。しかも、そうやって生成された物質は、人の免疫力を高めたり、また、肌の細胞の活性化につながるシグナル物質として作用するのです。つまり、この腸内細菌を増やせば、ふだん通りにご飯やパンを食べているだけで、病気に罹りにくくなったり、肌をきれいにすることができるのです。特に、肌の上から成分を染みこませようとする従来の美容製品に比べ、効率良く効果を発揮させることができるようになると思います。まだ研究中ですが、実用を目指しています。

 ある意味、私たちは腸内に非常に有用なペットを飼っているようなものです。人にとっては消化が悪い食物繊維も、それゆえに彼らに豊富なエサを与えることになります。また、ヨーグルトなどを摂ると、自分に役立つペットを増やすことができます。このような意識で日頃の食生活を見直してみるのも良いと思います。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

IT・科学の関連記事

生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

2019.8.7

生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 本田 みちよ
使い心地の良い道具は、道具ではなくなる

2019.7.24

使い心地の良い道具は、道具ではなくなる

  • 明治大学 総合数理学部 准教授
  • 渡邊 恵太
AIのタコツボに入るか、AIに指針を示すかは、使うあなた次第

2019.5.29

AIのタコツボに入るか、AIに指針を示すかは、使うあなた次第

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 横山 大作
AIがビジネスのインフラになる

2019.4.10

AIがビジネスのインフラになる

  • 明治大学 総合数理学部 准教授
  • 櫻井 義尚
「フェイクニュース」は「嘘ニュース」のことではない

2019.2.20

「フェイクニュース」は「嘘ニュース」のことではない

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 教授
  • 大黒 岳彦

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.08.07

生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

2019.07.24

使い心地の良い道具は、道具ではなくなる

2019.07.17

フランス人はなぜデモを続けるのか

2019.07.10

男か女かハッキリしたがる/させたがる不思議

人気記事ランキング

1

2015.10.21

うつ病の対処に必要な「援助希求」という能力

2

2019.08.07

生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

3

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

4

2017.01.24

#1 少子高齢化が進むと社会はどうなる?

5

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム