明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

腸内フローラを活用すれば、人はもっと強く美しくなる

浅沼 成人 浅沼 成人 明治大学 農学部 准教授

「浅沼研究室」で有益な腸内細菌を世界初発見

 人が食べるご飯やパンに含まれる成分のひとつに、グルコシルセラミドがあります。この成分は人の消化酵素だけでは分解できず、吸収もされずにそのまま排便されますが、それを分解し吸収できる物質にしている腸内細菌を、私の研究室では世界で初めて発見しました。しかも、そうやって生成された物質は、人の免疫力を高めたり、また、肌の細胞の活性化につながるシグナル物質として作用するのです。つまり、この腸内細菌を増やせば、ふだん通りにご飯やパンを食べているだけで、病気に罹りにくくなったり、肌をきれいにすることができるのです。特に、肌の上から成分を染みこませようとする従来の美容製品に比べ、効率良く効果を発揮させることができるようになると思います。まだ研究中ですが、実用を目指しています。

 ある意味、私たちは腸内に非常に有用なペットを飼っているようなものです。人にとっては消化が悪い食物繊維も、それゆえに彼らに豊富なエサを与えることになります。また、ヨーグルトなどを摂ると、自分に役立つペットを増やすことができます。このような意識で日頃の食生活を見直してみるのも良いと思います。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

IT・科学の関連記事

「タンパク質は面白い」という好奇心が、がん退治にも繋がる!?

2022.11.18

「タンパク質は面白い」という好奇心が、がん退治にも繋がる!?

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 吉村 英恭
血液はサラサラだけでなく、ドロドロも必要!?

2022.10.26

血液はサラサラだけでなく、ドロドロも必要!?

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 平野 太一
健康的な長寿のために、新たな機能性物質を見つける

2022.7.15

健康的な長寿のために、新たな機能性物質を見つける

  • 明治大学 農学部 教授
  • 浜本 牧子
数理モデルは近未来のスマート農業も実現する

2022.7.13

数理モデルは近未来のスマート農業も実現する

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 中村 和幸
アインシュタインはいかにしてアインシュタインになったのか

2022.6.17

アインシュタインはいかにしてアインシュタインになったのか

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 稲葉 肇

新着記事

2022.12.07

何のために科学を学ぶのか

2022.12.01

自分で考え、自分で動き、仕事の面白さを知ろう

2022.11.30

パンデミックによって質屋の機能が見直された!?

2022.11.29

行き詰ったら、「知の総合化」で解決しよう

2022.11.25

中華世界の拡大は、実は、理に適っていた!?

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

3

2019.11.08

#1 日本のアニメはいつから世界で人気になったの?

4

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

5

2022.11.30

パンデミックによって質屋の機能が見直された!?

連載記事