明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

理解度を高めるのは、説明を聞くよりも、説明をすること

伊藤 貴昭 伊藤 貴昭 明治大学 文学部 准教授

>>英語版はこちら(English)

コロナ禍によって、多くの学校でオンライン授業が導入されました。しかし、早く対面授業に戻したい、という意見が多いようです。でも、学習効果を高めるという点では、学習の形態よりも、学習のやり方が重要です。そのひとつである「説明行動」の研究が、本学で進んでいます。

説明行動は自らの理解度を高める

伊藤 貴昭 私は、長年、説明行動の効果について研究してきました。

 「説明」とは、自分の知っていることを他者に伝えることなので、一般的には、上手な説明の仕方といったことに関心をもつ人が多いと思います。

 しかし、私が焦点を当ててきたのは、説明のテクニック等ではなく、説明という行動によって、説明をする人の中でどういうことが起こっているか、ということです。

 例えば、皆さんも、だれかになにかを説明していると、自分でもよくわかっていなかったことが整理されたり、ぼんやりしていたことが繋がる経験をしたことがあるのではないでしょうか。

 それは、相手に理解してもらわなければならないという状況に置かれたことで、自分自身の理解度が高まったり、新しい発見が起こるからです。

 このように、説明行動によって、自分自身の中でなんらかの変化が起こることは日常的にあるのですが、この心理的な動きを教育の分野で応用すれば、学習効果を高めることもできることになります。

 例えば、現在はコロナ禍により、大学でもオンライン授業がほとんどです。オンライン授業には、教員が講義内容を録画してアップロードし、それを学生が好きな時間に視聴するオンデマンド型と、教員が講義を直接配信し、同時に学生がそれを視聴するリアルタイム型があります。

 私は、私のオンデマンド・コンテンツを視聴した学生にアンケートを実施してみたところ、わかりやすかった、よく理解できた、という返答が多くありました。

 そこで、つづけて、そのコンテンツの内容について質問してみたところ、多くの学生がまったく答えられませんでした。すると、よくわかったと思っていたが、実は、わかっていなかったことに気がついた、というコメントがたくさん出てきたのです。

 つまり、オンデマンドの授業による学習効果は、思ったように上がっていなかったということです。

 では、こうした状況を打開して学生たちの学習効果を高めるために、どのような工夫があるのか。そのひとつが説明行動だと考えています。

キャリア・教育の関連記事

ゲームのスキルは、その子の「資本」になる

2022.6.22

ゲームのスキルは、その子の「資本」になる

  • 明治大学 政治経済学部 専任講師
  • ヨーク・ジェームズ
地方公務員の働き方改革は社会改革につながる

2022.4.27

地方公務員の働き方改革は社会改革につながる

  • 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 教授
  • 出雲 明子
都市農業は、日本農業の実情を知るきっかけになる

2022.4.13

都市農業は、日本農業の実情を知るきっかけになる

  • 明治大学 農学部 教授
  • 岩﨑 泰永
文学作品には読者の想像力を喚起する仕掛けがある

2022.1.26

文学作品には読者の想像力を喚起する仕掛けがある

  • 明治大学 文学部 准教授
  • 能地 克宜
使い捨て文化にはない豊かさがある、日本の漆器の文化

2021.12.15

使い捨て文化にはない豊かさがある、日本の漆器の文化

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 本多 貴之

新着記事

2022.08.09

自分を活かせるライフワークを見つけよう

2022.08.05

KAMの導入によって企業と環境変化が理解できる

2022.08.01

ボルボ・カー・ジャパンのトップと語る 自動車業界の未来とブランディングの重要性

2022.07.28

自由に取り組んで、自ら学ぶ力を得よう

2022.07.27

幕末のパンデミックを日本人はどう乗り越えたのか

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2022.08.05

KAMの導入によって企業と環境変化が理解できる

3

2022.08.01

ボルボ・カー・ジャパンのトップと語る 自動車業界の未来とブランデ…

4

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

5

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

連載記事