明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

ノーベル賞の大隅先生のラボは自由と好奇心に溢れていた

明治大学 農学部 准教授  吉本 光希

2016年のノーベル医学・生理学賞に日本の大隅良典氏が選ばれました。受賞理由は「オートファジー」と呼ばれる細胞の働きの分子機構を解明したことです。その研究成果は、アルツハイマー病やガンの治療にも活かされることが期待されています。また、こうした応用につながるベーシックサイエンスが、大隅氏のノーベル賞受賞をきっかけに注目されることも期待されています。

ラボでも偉ぶることがなかった、ノーベル賞受賞の大隅先生

吉本 光希 2001年、私が学位取得後、研究員として初めて就いたラボが、大隅先生のラボでした。大隅先生はとにかく気さくな先生で、当時、研究者の卵のような私たち若手にも偉ぶるというようなことがなく、対等に研究の話をしてくださいました。先生はお酒がお好きなので、ときには、仕事終りに研究室のミーティングテーブルで、研究員たちと一緒に飲むことがありましたが、そんなときも研究の話だけでなく、他愛もない話を楽しむなど、和気あいあいとしていて、いわゆる上司と部下というような人間関係はほとんどありませんでした。そのような大隅先生の人柄が反映されていたのか、当時のラボには10人くらいの研究員と学生がいましたが、先生の指示の下に各自が作業をするといった体制ではなく、各自が自由に独立的に研究をしていました。

もちろん、テーマはオートファジーなのですが、大隅先生は酵母の専門家で、ほかに、動物で研究している人や植物で研究している人がいるという、日本ではあまり見かけないユニークなラボでした。私自身は植物を専門にしていましたが、こういう環境で研究することはとても勉強になりました。というのは、酵母や動物を専門にしている研究者とは思考が微妙に異なっているのです。確かに、植物は酵母や動物に比べて育つのに時間がかかるので、研究の手法やスケジュール感が違うし、研究に対するスタンスも違ってきます。そのような研究者が身近にいると、互いに意外な視点を発見したり、異なる思考に触発されたりと、様々な影響を受け合うことができたのです。大隅先生が自分の考えを押しつけることなく、若手にも自由に研究させてくれたからこそ、そのようなラボになったのだと思います。先生ご自身は、素朴な疑問に対しても、とことんつきとめようとする研究者で、その姿勢を学べたことも、私にとっては非常に勉強になりました。ノーベル賞受賞者のラボに在籍できたことは、私の財産です。

キャリア・教育の関連記事

「スポーツ共創」の時代

2019.1.30

「スポーツ共創」の時代

  • 明治大学 商学部 准教授
  • 澤井 和彦
18歳の大人たちに、糧となるのはしっかりとした法教育

2019.1.9

18歳の大人たちに、糧となるのはしっかりとした法教育

  • 明治大学 法学部 准教授
  • 星野 茂
子どもを語学の天才にするために、大人は工夫の天才になろう

2018.9.26

子どもを語学の天才にするために、大人は工夫の天才になろう

  • 明治大学 国際日本学部 教授
  • 廣森 友人
「道徳科」導入の現在、その是非を超えて

2018.8.29

「道徳科」導入の現在、その是非を超えて

  • 明治大学 文学部 准教授
  • 関根 宏朗

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.04.17

SDGs時代のお墓のあり方とは?

2019.04.10

AIがビジネスのインフラになる

2019.04.03

人間らしい暮らしと仕事の創造者「協同組合」

2019.03.27

高校で必修となる「地理」は、もう暗記教科ではない楽しさがある

2019.03.20

外国人労働者受け入れ拡大の成功には教育の力が必要!!

人気記事ランキング

1

2019.04.17

SDGs時代のお墓のあり方とは?

2

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

3

2019.04.10

AIがビジネスのインフラになる

4

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

5

2019.04.03

人間らしい暮らしと仕事の創造者「協同組合」

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム