明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

TPP交渉の行方を読み解く ―求められる国民一人ひとりの判断―

作山 巧 作山 巧 明治大学 農学部准教授

関税撤廃を目指した自由貿易協定

作山巧准教授 私は農林水産省で25年間勤務し、最後の3年間はTPP交渉に従事していた。その経験を踏まえて、TPP問題を考えてみたい。TPP(Trans-Pacific Partnership=環太平洋パートナーシップ協定)は、2014年3月時点で12ヶ国が参加しているアジア太平洋地域における自由貿易協定構想だ。その原点は、ニュージーランド、シンガポール、チリ、ブルネイの4ヶ国で2006年に発効したTPSEPA(環太平洋戦略的経済連携協定)であり、TPPはその拡大交渉と位置付けられる。2008年9月に、米国のブッシュ政権がTPP交渉への参加を表明したことを契機に国際的に注目されるようになり、その後豪州、ペルー、ベトナム、マレーシア、メキシコ、カナダが順次交渉に参加した。
 日本は、2010年10月に民主党の菅首相がTPP交渉への参加検討を表明し、以来日本のTPP参加交渉を巡って国論を二分する論争が巻き起こった。その最大の理由は、TPPが輸入品に課せられる税金である関税を原則として撤廃することを目指しているからであった。特に農業への打撃が予想されるため、農協などは強く反対してきた。農村地帯の票の取り込みを狙った自民党は、2012年12月の衆議院選挙で「聖域なき関税撤廃を前提にする限り、TPP交渉参加に反対」を公約に掲げた。年が明けて2013年2月、安倍総理はオバマ大統領と会談し、TPPは「聖域なき関税撤廃が前提ではないことが明確になった」と説明した上で、翌3月に交渉参加を決定し、7月から交渉のテーブルについたが、周知のように妥結には至っていない。

ビジネスの関連記事

貿易金融がなければ、リスクに満ちた貿易が発展することはなかった

2021.7.9

貿易金融がなければ、リスクに満ちた貿易が発展することはなかった

  • 明治大学 政治経済学部 専任講師
  • 努尓買買提 依克山
企業会計を変えれば、日本に新たな社会インフラが構築される

2021.6.25

企業会計を変えれば、日本に新たな社会インフラが構築される

  • 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 教授
  • 山口 不二夫
ネットの店舗化、店舗のメディア化が始まっている

2021.5.14

ネットの店舗化、店舗のメディア化が始まっている

  • 明治大学 商学部 教授
  • 菊池 一夫
農作物の被害を減らす最新技術は植物自体から学んだもの

2021.3.24

農作物の被害を減らす最新技術は植物自体から学んだもの

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 大里 修一
エビデンスに基づく取り組みは、自然相手の農業にも重要

2020.11.25

エビデンスに基づく取り組みは、自然相手の農業にも重要

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 藤栄 剛

新着記事

2021.07.30

人が言葉を話せるのは当たり前、ということからわかること

2021.07.27

新たな視点で社会や物事を捉えよう

2021.07.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

2021.07.15

これまでの人生を振り返り、初心を思い出そう

2021.07.14

パンデミックを人類史と政治から見ると、見えてくるのは…

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

3

2021.07.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

4

2020.06.10

書店が本の価格を決めたら、本はもっと売れる!?

5

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

リレーコラム