明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

国民皆簿記のすすめ ―社会に役立つ会計の考え方―

明治大学 農学部食料環境政策学科 専任講師 本所 靖博

会計は「説明する」ことを含有している

本所靖博専任講師 私の専門は会計学です。経済とはそもそも、人々の生活に必要なものをやり取りする活動を通じて形成される社会関係ですが、会計はその経済活動をわかりやすく伝えるツールでありルール、と考えています。私が専門としているのは財務会計と管理会計から成る企業会計であり、主に「財務会計」を扱っています。財務会計は、企業外部の利害関係者に、企業の財政状態や経営成績などに関する情報を提供するもので、それらは、損益計算書と貸借対照表を中心とする財務諸表によって行われます。経済環境の変化に応じて財務諸表の正しいあるべき姿を追求するのが、企業会計を対象とする会計学の基本的なテーマです。財務諸表は、市場経済において経済活動を円滑にするために不可欠のものであり、そのためにも企業の経済活動を誰が見ても理解できる世界共通のフォーマットで表現されることが望ましいです。周知のように会計は英語でaccount(accounting)と言いますが、動詞で使うと前置詞forを伴い、「説明する」や「わかる」という意味になります。つまり会計とは、誰かに向かって(for)説明することであり、理解を求めるという意味を含有しているのです。その誰かとは投資家をはじめとした利害関係者なのです。

ビジネスの関連記事

SDGsは、企業の社会における存在意義を問うもの

2019.11.6

SDGsは、企業の社会における存在意義を問うもの

  • 明治大学 経営学部 特任教授
  • 関 正雄
渋沢栄一に学ぶ、多様な立場、多様な経験を活かす生き方

2019.10.23

渋沢栄一に学ぶ、多様な立場、多様な経験を活かす生き方

  • 明治大学 経営学部 教授
  • 佐々木 聡
株式投資は「愛ある金融」に変わり始めている

2019.2.27

株式投資は「愛ある金融」に変わり始めている

  • 明治大学 商学部 教授
  • 三和 裕美子
パリ・コレに見る、「一流ブランド」の真価

2018.11.28

パリ・コレに見る、「一流ブランド」の真価

  • 明治大学 商学部 特任講師
  • 東野 香代子
日本の企業は“内なるグローバル化”によって生き残る

2018.4.25

日本の企業は“内なるグローバル化”によって生き残る

  • 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 教授
  • 首藤 明敏

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

新聞広告連動企画

新着記事

2019.12.11

医師の労働時間の改善が、より豊かな医療の実現に繋がる!?

2019.12.04

日本独特の発酵食品をつくる麹菌は日本にしかいない!?

2019.11.27

博物館や美術館には、新たな発見や不思議な出会いが満ちている

2019.11.20

ゲノム編集で不妊症の原因を解き明かす

2019.11.13

音声合成技術によって「人間を超える声」が生まれる!?

人気記事ランキング

1

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

2

2019.12.04

日本独特の発酵食品をつくる麹菌は日本にしかいない!?

3

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

4

2015.06.01

経済のサービス化の意味 ―求められるモノからコトへの構造転換―

5

2017.03.15

「沖縄振興予算」という呼称が、誤解を招いている

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム