明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

ノーベル賞の大隅先生のラボは自由と好奇心に溢れていた

吉本 光希 吉本 光希 明治大学 農学部 教授

疑問を解き明かしたいという気持ちが研究のモチベーション

吉本 光希 私は、植物のオートファジーを専門に研究しています。植物は動物と違って芽生えた場所から移動することができないので、様々な環境ストレスに適切に対応し、克服していくための機能をもっています。その機能のために、オートファジーのような分解系の仕組みは重要な役割を果たしているはずです。また、植物は光合成をおこなう独立栄養生物で、ほかの生き物とは一線を画している、まったく違う生物です。そこにも植物特異的なオートファジーの役割があると考えられます。こうした植物の特異性に、私は興味を惹かれました。

例えば、植物は自らの葉を枯らして、その栄養分を種子に流転させることで次の世代に命をつないでいく生き延び方をしていますが、その流転のシステムに、オートファジーが重要な役割を果していることを数年前につきとめました。ところが逆に、オートファジーを止めてみても、マウスのようにすぐに死んでしまうことはなく、その植物は生き続け、種子を作って世代を回すことさえできることが確認されました。これは、私たち研究者にとっても意外な結果でした。おそらく、植物は動けないからこそ、環境ストレスに適応するために、例えばオートファジーのようなひとつのシステムに頼るのではなく、複数のバックアップシステムを備えていることが考えられます。こうしたメカニズムを明らかにしたいという、ただ純粋な興味と好奇心が、私たちベーシックサイエンスにたずさわっている者の一番のモチベーションなのです。

キャリア・教育の関連記事

ゲームのスキルは、その子の「資本」になる

2022.6.22

ゲームのスキルは、その子の「資本」になる

  • 明治大学 政治経済学部 専任講師
  • ヨーク・ジェームズ
理解度を高めるのは、説明を聞くよりも、説明をすること

2022.5.13

理解度を高めるのは、説明を聞くよりも、説明をすること

  • 明治大学 文学部 准教授
  • 伊藤 貴昭
地方公務員の働き方改革は社会改革につながる

2022.4.27

地方公務員の働き方改革は社会改革につながる

  • 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 教授
  • 出雲 明子
都市農業は、日本農業の実情を知るきっかけになる

2022.4.13

都市農業は、日本農業の実情を知るきっかけになる

  • 明治大学 農学部 教授
  • 岩﨑 泰永
文学作品には読者の想像力を喚起する仕掛けがある

2022.1.26

文学作品には読者の想像力を喚起する仕掛けがある

  • 明治大学 文学部 准教授
  • 能地 克宜

新着記事

2022.08.09

自分を活かせるライフワークを見つけよう

2022.08.05

KAMの導入によって企業と環境変化が理解できる

2022.08.01

ボルボ・カー・ジャパンのトップと語る 自動車業界の未来とブランディングの重要性

2022.07.28

自由に取り組んで、自ら学ぶ力を得よう

2022.07.27

幕末のパンデミックを日本人はどう乗り越えたのか

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2018.11.06

#2 日本政府の借金はなぜこんなに膨らんだの?

3

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

4

2019.02.13

現代人が取り戻せず、潜伏キリシタンが250年間失わなかったもの

5

2021.11.26

インドから始まるイノベーションは、カオスから始まっている

連載記事