明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

教員が多忙でも頑張れるのは、良いこと?

明治大学 文学部 教授  高野 和子

悪くなっている財政条件

 教職調整額の見直しや、制度そのものの改革は何度も議論されてきましたが、いまだに結論が出ない理由のひとつは、教育関係の予算が減らされていることです。例えば、教職調整額を廃止して、時間外勤務手当を支給しようと主張しても、本当に支払えるだけの財源の保障がないのです。2004年に国立大学が法人化されましたが、それによって“公立学校の教員給与は国立学校に準拠する”という制度が廃止されました。どこの県で先生になっても給料は同じ、というのではなくなったのです。また、教員の人件費の1/2は国が都道府県に補助していて、それまではその使い方について国レベルで定めが設けられていましたが、2004年からは、国から渡される総額の範囲内でなら都道府県が使い道を決められるようになりました。一人あたりの給与を引き下げてその分で数を増やすということも可能になったのです。そして2006年には、国の負担割合が1/2から1/3に減らされます。教育現場の実情からは、教員の数を増やすことが必要なのに、自治体は悲鳴を上げました。すでに2001年に、いわゆる「定数くずし」(正規教員ひとり週40時間の勤務時間を例えば10時間ずつ4人の非正規教員でおきかえる)が可能になっていたので、結果として、一人あたりの給与額は抑えられ、非正規教員を増やすという対応が出てきたのです。教員の待遇改善どころではありません。とくに非正規教員の生活は過酷で、教員をめざす学生にとってはショックを受けることのひとつです。そして、このことは教員の待遇の問題以上に、日本の教育の質、子どもにとっての教育の質という点で、大きな問題となっています。

キャリア・教育の関連記事

目的を見失わないことがビジネスコミュニケーション能力を高める

2020.4.8

目的を見失わないことがビジネスコミュニケーション能力を高める

  • 明治大学 経営学部 准教授
  • 金子 敦子
日本の主権者教育は、世界に40年以上遅れている!?

2019.5.22

日本の主権者教育は、世界に40年以上遅れている!?

  • 明治大学 文学部 特任教授
  • 藤井 剛
「スポーツ共創」の時代

2019.1.30

「スポーツ共創」の時代

  • 明治大学 商学部 准教授
  • 澤井 和彦
18歳の大人たちに、糧となるのはしっかりとした法教育

2019.1.9

18歳の大人たちに、糧となるのはしっかりとした法教育

  • 明治大学 法学部 准教授
  • 星野 茂

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

特別授業

新着記事

2020.06.03

移民を引き寄せるアメリカの魅力が、日本にはあるか

2020.05.27

長生きリスクを、長生きハッピーにするために

2020.05.20

再生医療からアンチエイジングにも役立つ遺伝子の「付箋」とは!?

2020.05.13

より良い労働条件獲得のために、ストライキよりさらに有効なこと

2020.04.22

画像処理技術は、より安全と公平を社会にもたらす

人気記事ランキング

1

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

2

2020.06.03

移民を引き寄せるアメリカの魅力が、日本にはあるか

3

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

4

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

5

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム